玄米にはビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富に含まれており、体内の不要な物質と結びつき、外へ排出する力が強い食材です。人間が必要とする栄養素をほとんど摂取できるので「完全栄養食」と呼ばれている程です。しかし食べ慣れていないと、胃腸の負担となってしまい、逆効果になってしまう事も。
八代目儀兵衛では玄米を食べやすい形で、召しあがっていただけるよう、京都のおだしがほんのり香る“京だし玄米粥”に仕上げました。

玄米の栄養素を、丸ごと余すことなく取り入れられる八代目儀兵衛の京だし玄米粥は、特別栽培米を使用。また、保存料や化学調味料など添加物は一切使用していませんので、小さなお子様でも安心してお召し上がりいただけます。

お粥は昔から消化が良くて胃腸に優しく、水分がしっかりと胃腸まで届くことで水分補給と滋養の食べ物として親しまれてきました。

主食を玄米粥に置き換えて
バタートースト(231kcal)
ハムのサラダ(177kcal)
ゆで玉子(81kcal)

生姜と野菜の玄米粥(115kcal)
-374kcal
パスタ
(752kcal)
ポテトサラダ(190kcal)
デザート(200kcal)

抹茶と小豆の玄米粥(127kcal)
-1,015kcal
チーズハンバーグ(719kcal)
ライス
(235kcal)
コーンスープ(87kcal)

豆乳と湯葉の玄米粥(161kcal)
-871kcal

1食あたりのカロリーも107kcal~161kcalと低め。
カロリーコントロールをされている方や、食事が不規則になりがちな方、忙しくてもナチュラルな食事を心がけている方等にもお手軽にお楽しみいただけます。


昔からお粥を食べるといいことがあると言われています。八代目儀兵衛流の玄米粥の体に良いこと8つをご紹介!