ギフトマナーについて

人生の節目に贈られるギフト。贈り物の本質は、いつの時代も相手の幸せを願う「思いやりの気持ち」にあります。贈り物を届けるときには「いつ」「何を」「誰に」「何のために贈るのか」を整理しておくことが大切。冠婚葬祭から季節の贈り物まで、贈り物&お返し上手になるためのマナーをご紹介します。

ギフトサービス(無料)想いをより伝えるためのギフトサービスも
是非商品お買い求めの際に合わせてご利用ください。

お祝い

日本では子どもの入学など大切な人におめでたいことがあったときに「お祝い」として贈り物をする習慣があります。お祝いの品物は、縁起の悪いものやタブーを避け、相手の好みや目的に応じて相応のものを選ぶのが基本。結婚や出産、子どもの入学・入園、新築・引っ越し、長寿のお祝いのマナーをまとめました。

内祝い・お返し

お祝いをいただいたら折を見て「内祝い」を贈るのがマナーです。本来の内祝いは「身内のお祝い」と「幸せのお裾分け」。かつてはお祝いの授受に関わらず親しい人に同じ品物を贈るのが習わしでしたが、現在の内祝いはお祝いをいただいた方に感謝の気持ちを伝える「お返しギフト」としての役割を担っています。

季節の贈り物

贈答のお付き合いにおいて欠かせないのが、お年賀やお中元・お歳暮、母の日・父の日のギフトを始めとした季節の贈り物の存在です。それぞれ贈る時期が決まっているので、タイミングを逃さないようにしましょう。目的に応じた品物や熨斗の選び方、お礼状の書き方についてまとめました。

法事

お悔やみごとは、予期せずにある日突然起こるもの。香典返しやお供え物など、弔事の贈り物には宗教や地域によってさまざまなしきたりがあるため、迷ったら親族に相談するようにしましょう。ここでは、品物や掛け紙の選び方、お礼状の書き方など弔事のギフトマナーの基本をご紹介します。

価格帯で選ぶ
贈る目的で選ぶ
シリーズから選ぶ
人気ランキングで選ぶ
即日発送商品から選ぶ