お食い初め

お食い初め

最終更新日 2020-11-21
公開日 2020-11-21

食べ物に一生困ることがないようにと願いを込め、ご飯を食べさせる真似をする儀式の事をお食い初めと言います。

地域によって異なりますが、赤ちゃんの歯が生え始める生後100日目から120日目頃に家族が顔を揃わせられる吉日を選んで行われる事が多いようです。またお食い初めの儀式の際は長寿にあやかるという意味を持ち養い親と呼ばれる親族の中でも最年長の人が行うならわしがございます。

ご祝儀をお贈りされる際は、紅白蝶結びの水引の御祝儀袋に「初御膳」や「祝御食初」などと入れます。身内でのお祝い事となります為、内祝いは基本的には必要ありませんが、地域によっても異なりますので、親族などにご相談されるとよいでしょう。お返しをされる際は、お食い初めの時の写真や感謝の手紙などを同封すると喜ばれるでしょう。

お役立ち情報

子供が産まれて100日目にするお祝いごとにお食い初めがあります。将来食べることに困らないようにと願いを込めて祝い膳を囲んでお祝いをします。両親や親戚からお祝いを頂くこともあるでしょう。忘れないように内祝いをしましょう。頂いた金額の半分程度のお返しをするのが通常です。その際お食い初めの時の写真や感謝の手紙などを同封すると喜ばれるでしょう。色々な品物がありますが、相手を思って選ぶということもとても大切です。

お米のギフトサイト ご自宅用のお米通販【京都・八代目儀兵衛】