ご祝儀のお返しマナー!【挙式なしの場合や連名の場合もご紹介】

ご祝儀のお返しマナー!【挙式なしの場合や連名の場合もご紹介】

結婚祝いとしてご祝儀をいただいた場合、お返しを考えなければなりませんが、挙式をしない方や連名でいただいた場合はどうすればいいのか分からない方もおられると思います。 そこで今回は、挙式をしない場合と連名でご祝儀をいただいた場合のお返しについてご紹介したいと思います!

挙式予定がない場合のお返し

挙式予定がないとお返しのタイミングや目安を迷う方もおられると思います。 まずはお返しの目安、贈る時期をご紹介いたします。

金額の目安 

 挙式をしない場合でも、結婚祝いやご祝儀をいただいたときは結婚内祝いをお返しするのがマナーです。お返しは、お祝いの半額(半返し)を目安に選びましょう。
お祝いやご祝儀を下さる方のなかには「生活の足しにして欲しい」という意味でお返しを断る方もいらっしゃいます。このような場合は相手の厚意を尊重し、夫婦でご挨拶に伺うなどの対応をとりましょう。

いつ贈るべき?

挙式を挙げるなら、式から1ヶ月以内がお返しのタイミングになります。一方、挙式を挙げない場合は入籍から1ヶ月以内にお返しが届くよう手配します。
お祝いを受け取っているのに、お返しを贈るタイミングが遅くなってしまいそうなときは、まずお礼状か電話でお祝いを受け取った旨の報告とお礼の気持ちを述べましょう。

連名のご祝儀をいただいた場合のお返し

連名のご祝儀をいただいた場合のお返し

連名でのお返しについて、よくある疑問について2つお答えいたします。

お返しは1人ずつ贈るべき?

職場の同僚や友達が連名でお祝いを用意するのはよくある話です。 連名でいただいたからといって、こちらも同じようにお返しを一つにまとめるのはマナー違反。きちんと一人ひとりにお返しを用意しましょう。
連名へのお返しは、お祝いの額を人数分で割り、さらにその半額分を一人ひとりにお返しします。

1人分の金額が少額だけどお返しをすべき? 

職場や人数の多い組織、団体から連名でお祝いをいただいたとき、1人あたりのお返しが少額になります。そのような場合は全員で分けて食べられるお菓子を購入し、代表者に渡しましょう。

ご祝儀のお返しに贈りたい!お米ギフト

ご祝儀のお返しに贈りたい!お米ギフト

新婚夫婦からお世話になった方へのお返しは八代目儀兵衛のお米ギフトをどうぞ。

2種類のお米で「し合わせ米」になる「良縁米」シリーズ 

別々に食べてもおいしいお米を1:1でブレンドすると、うま味が引き立つ「し合わせ米」が誕生します。良縁米シリーズは「吉兆」「宝来」「永久(とわ)」「錦」「恋」「愛」の6種類をご用意しております。予算に合わせてお選びください。 ※「錦」「恋」「愛」は包装が巾着袋ではありません。

タオルとお米の真っ白なギフト「はじまりの白」シリーズ 

「2人で手を取り合い、真っ白な気持ちで新生活を始めます」そんなメッセージがこもっているようにも見える「はじまりの白シリーズ」。老舗米屋の匠が厳選した米と、少し上質な真っ白いタオルをセットでお送りいたします。

結婚式をせずに入籍する場合や、連名でご祝儀をいただいた場合もマナーを守ってしっかりお返しをしましょう。 八代目儀兵衛では無料サービスに写真同梱や一筆箋のサービスがあるので、お礼の言葉を添えたり、2人の写真を添えることもできます。 是非、おいしくすてきなお米ギフトを贈りましょう!

お米のギフトサイト ご自宅用のお米通販【京都・八代目儀兵衛】