兄弟・姉妹から出産祝い!お返しはどうするべき?

兄弟・姉妹から出産祝い!お返しはどうするべき?

最終更新日 2021-12-14
公開日 2020-11-23

出産を迎えるにあたって、兄弟姉妹からお祝いの品をもらうことがあります。そうなると悩んでしまうのが、お返しの出産内祝い。「贈るべきなのか?」「どんな品を贈るのが適切か?」、身内だからこその悩みがあります。 そこで、今回は兄弟姉妹への出産内祝いに関するマナーについてご紹介します。

兄弟姉妹に出産内祝いを贈るか否か?

一般的には、兄弟姉妹から出産祝いを受け取ったら出産内祝いを贈るのが適切だいわれています。とはいえ、実際にはケースによりさまざまです。たとえば、相手が既婚の場合は“個人”でなく“夫婦”から贈られたことになるので、夫婦2人で使用できる出産内祝いを贈るのが望ましいといえます。 そのうえで、どうしたらよいか悩んでしまうようであれば、まずは自身・配偶者の両親に相談してみるのがおすすめです。 なお、相手がお返しはいらないと言ってきた場合は、お礼として食事に招いたり、プチギフトを贈ったりするのがよいといえます。

教えて! 相場とおすすめのギフト

兄弟姉妹への出産内祝いには、お米がおすすめです。お米なら、「趣味・好みに合わない」、「使うのをためらってしまう」などの心配がありません。

喜んでもらえるおすすめの品

八代目儀兵衛のお米は、日本一のお米マイスターが責任をもってブレンディングしている高級米。京都や東京の料亭でも使われており、芸能界でも話題のお米です。そのため、“幸せのおすそわけ”といわれる出産内祝いにぴったりの品といえます。

相手が未婚の場合は、人気の「十二単シリーズ」や、自宅にいながら京都ならではの炊き込みご飯が味わえる「京の味ごはんシリーズ」などがおすすめです。既婚の場合は、夫婦で食事を楽しんでいただける「十二単お供詰合せ」や、お子様がいる場合にカラフルガーゼが素敵な「いろあそび」などがおすすめです。
なお、出産内祝いの相場は贈る相手により異なります。相手が兄・姉の場合は、もらったお祝いの品の1/3~1/4程度の金額を、相手が弟・妹の場合は、もらったお祝いの品の1/2程度の金額を目安としましょう。

出産内祝いで喜びの輪を広げよう

出産内祝いを贈るうえで大切なのは、相手への感謝の気持ちです。「兄弟姉妹だからお返しは不要」と考えるのでなく、自身の幸せを相手に分けるという意味でも、心のこもった出産内祝いを贈ることをおすすめします。出産を迎え、兄弟姉妹に出産内祝いを贈ろうと考えているのであれば、上記のポイントをしっかり押さえておきましょう。

出産内祝い・出産祝いのお返しはこちら

お米のギフトサイト ご自宅用のお米通販【京都・八代目儀兵衛】