全快内祝

全快内祝

最終更新日 2021-01-12
公開日 2020-11-21

病気やけがなどで通院や入院をし、一通りの治療が終わり元気になった場合、親戚や知人など親しい方から快気祝いをいただくことがあります。

その場合、お世話になったお礼の気持ちを込めて内祝いとしてお返しをすることがあります。

品物の選び方は他のお祝いのお返しと同じように食べ物など消耗品が好まれます。病気やけがのすべてきれいに流しましょう、という意味をこめて、洗剤やせっけん類を贈ることもあります。

のしは全快内祝と書き、水引きは二度とこのような事がないように、結びきりにします。全快内祝は直接相手に届けるのが良いのですが、体調が本調子でない場合は病気やけががどのくらい治ったのかという近況報告や、いろいろお世話になったお礼など手紙に書き添えるようにします。

お役立ち情報

病気やけがなどで入院し完全に治った場合、親しい方から全快祝いをいただくことがあります。そういった場合、お世話になったことや病気やけがが全快したことの報告とともに相手に内祝いとして品物を贈ります。全快内祝は完全に治り、通院する必要がない時に使われる言葉です。贈る品としては相手の好みにそった紅茶やコーヒーなどの食品、洗剤やタオルといった日用品など消耗する物を選ぶようにします。自分の体調等を考えできるだけ早く贈るように心がけます。

お米のギフトサイト ご自宅用のお米通販【京都・八代目儀兵衛】