出産内祝いには縁起物を贈ろう

出産内祝いには縁起物を贈ろう

出産内祝いを贈る際、「どんな品物を選べばよいのか」と迷ってしまう方は多いもの。そんなときは、“縁起物”とされているアイテムを贈るのがおすすめです。そこで今回は、出産内祝いにぴったりな縁起物のひとつである“海苔”についてご紹介します。

毎日のご飯のお供として欠かせない食材が“海苔”です。身近な食材として親しまれている海苔は、贈り物にもぴったりな縁起物としての顔も持ち合わせています。かつての日本では、海苔は貴重品として重宝されていました。一説によると、海苔の養殖が始まったのは江戸時代のこと。東京湾で海苔の養殖が始まり、数十倍の量の海苔が江戸の市場に出回るようになったといわれています。時の幕府は海苔の生産を奨励し、専売制を敷くなどして海苔を貴重な食材に位置付けました。その後、“海苔巻き”などのメニューが登場し、海苔は庶民にも親しまれる食材へと変化していきます。
こうした歴史の名残で、海苔は現在でも縁起物として重宝されています。海苔は出産内祝いをはじめ、お中元やお歳暮などの贈り物にも最適な食材。「出産内祝いに何を贈ろうか」と迷っている方は、海苔をチョイスしてみてはいかがでしょうか。

お米とセットで贈ろう!八代目儀兵衛の海苔
前述したとおり、海苔はかつて貴重品として重宝された食材です。そんな海苔を贈り物として贈る際は、海苔と一緒においしいお米を贈るのがおすすめ。京都のお米専門店「八代目儀兵衛」では、高級海苔の詰め合わせや、お米と高級海苔の詰め合わせなどの贈り物をご用意しております。
例えば、「米料亭シリーズ「花見」」は高級海苔の詰め合わせギフト。しお、ゆず、わさび、とうがらしの4種類の海苔が、1缶に32枚ずつセットになっています。毎日のご飯のお供にふさわしい海苔の詰め合わせを、格式高いギフト箱で贈ってみてはいかがでしょうか。
お米と海苔をセットで贈りたいという方には、「米料亭シリーズ「宮川」」がおすすめ。料亭御用達の極上銀シャリは、日本各地のおいしいお米の中から特においしいお米を絶妙なバランスでブレンドした銀シャリです。そんな銀シャリのお供として、お米に合うよう開発された有明産の高級塩海苔とぜいたくなほうじ茶をセットに。高級料亭のお米と海苔、お茶が一度に味わえる一品です。

出産内祝いにも大活躍の品物
海苔は毎日のご飯のお供としてだけでなく、贈り物としても大活躍する品物です。「出産内祝いに何を贈ろうか迷っている」という方は、この機会に海苔とお米をセットで贈ってみてはいかがでしょうか。

お米のギフトサイト ご自宅用のお米通販【京都・八代目儀兵衛】