土鍋でふっくら炊き!おいしいご飯の炊き方

土鍋でふっくら炊き!おいしいご飯の炊き方

出産内祝いで贈ったお米は、よりおいしく食べてもらいたいものです。お米をおいしく炊くための方法のひとつとして、土鍋で炊くという方法があります。そこで今回は、土鍋を使ったおいしいお米の炊き方に加え、出産内祝いにぴったりな八代目儀兵衛のお米ギフトをご紹介します。

お米がよりおいしくなる土鍋の力

お米がよりおいしくなる土鍋の力

土鍋といえば、粘土で作られた昔ながらの道具です。熱しにくく冷めにくいという特徴があり、熱がじっくりと伝わりやすいという利点があります。したがって、土鍋でお米を炊くときは火加減を細かく調節しなくても大丈夫。加えて、火を消して蒸らしている間でもお米全体に均一に熱が広がるため、炊きムラがなくおいしく仕上がるのも特徴です。そんな土鍋炊きのコツは、下記の3つです。

お米の研ぎ方

お米の容器に水を加えたら、容器の底から軽くかき混ぜます。その後しっかりと水を切り、容器をかき回すようにしてお米を研ぎましょう。このとき、ボールを軽く握るような手つきで20回程度を目安に研ぐことがポイントです。水の入れ替えは、2回~3回程度で十分です。その後、水に30分~1時間程度浸けておきましょう。

水の分量

土鍋でお米を炊く際は、お米1合につき1カップの水が適量です。ここから水の量を調節することで、よりお好みの仕上がりに近づけることができます。

火加減 

まずは強火で土鍋を沸騰させます。沸騰したら弱火でさらに15分ほど加熱し、その後火を止めて10分~20分ほど蒸らしましょう。
しゃもじで土鍋全体を軽くかき混ぜて余分な水分を飛ばしたら、おいしいご飯のできあがりです。

おいしいギフトに!八代目儀兵衛のお米を贈ろう

おいしいギフトに!八代目儀兵衛のお米を贈ろう

京都の老舗米専門店「八代目儀兵衛」では、さまざまな料理や炊き方に合ったおいしいお米を取り扱っています。出産内祝いをはじめとした贈り物にもぴったりです。

例えば人気ギフトのひとつ「十二単シリーズ」は、鮮やかに色分けされた風呂敷と、そこに包まれたお米が特徴的なギフトです。「和」や「洋」、「丼」など、それぞれの料理のジャンルに合ったお米を計12種類詰め合わせているのがポイント。お米ごとに食感やコシ、甘さなどが異なるので、それぞれの個性を味わうことができます。

出産内祝いはもちろん、結婚内祝いや入学内祝いなどさまざまな場面のギフトとして活躍します。この機会に、八代目儀兵衛の十二単シリーズを検討されてはいかがでしょうか。

ひと工夫してお米の味を引き出そう

お米は、炊き方ひとつでおいしさが変わる食品です。出産内祝いでお米を贈るのであれば、よりおいしく味わってもらえる方法も一緒に伝えたいもの。上記では、土鍋を使ったおいしいお米の炊き方をご紹介しました。ぜひこれらのポイントを参考に、先様への贈り物を実践してみてください。

出産内祝いの特集ページを見る

お米のギフトサイト ご自宅用のお米通販【京都・八代目儀兵衛】