帯祝い

帯祝い

最終更新日 2020-11-21
公開日 2020-11-21

帯祝いとは妊婦さんが妊娠5か月の戌の日に、おなかに岩田帯と言う腹帯を巻く行事の事を言います。

なぜ戌の日かと言うと、戌はたくさんの子供を産み、お産も軽いため、戌のように安産になりますようにと、戌の日に願いを込めて巻くのです。また、岩田帯には岩のように丈夫な赤ちゃんが生まれますようにという願いも込められているため、お母さんと赤ちゃんの両方の安全を願っているのです。

この帯祝いの際に頂いたお祝いには、基本的にはお返しは必要ないとされてはいますが、地域によっては内祝いとして紅白餅や赤飯などでご近所やお祝いを頂いた方にお返しする風習がある場合もあるので、お祝いをする際は神社などで確認をすると良いかもしれません。

お役立ち情報

赤ちゃんを授かったことを祝い、無事な出産を祈る行事が帯祝いです。昔からの行事でもあり、しきたりや風習として妊娠5か月目の戌の日にお祝いをしていました。しかし現代ではいろいろな帯祝いの仕方があり、日時にこだわる人は少なくなっています。お祝いの品物は腹帯をおくるのがならわしになっていましたが近ごろはこの腹帯にすることにもこだわりが少なくなっています。内祝いは出産等の内輪のお祝いです。人生の節目を親しい人と喜びあうことが大事です。

お米のギフトサイト ご自宅用のお米通販【京都・八代目儀兵衛】