新築祝い

新築祝い

最終更新日 2020-11-21
公開日 2020-11-21

家を建てるということは、かなりの出費が考えられるので、身内からのお祝いは新居に協力するという意味で、照明やカーテン、インテリアなど新居に必要なものやお金を出し合って、高価なものを贈ると喜ばれます。

身内以外の場合は、新築祝いの席に招かれた場合のみお祝いを贈るとよいでしょう。花瓶や時計、観葉植物などが多いようですが、現金を贈ってもかまいません。

相手の好みもあるので、事前に欲しいものを伺ったり、また、カタログギフトでもよいでしょう。また、燃えるということを連想させるキャンドルや炎の模様などがついたものは、避けるよう配慮が必要です。

新居を披露する場合は、日中に軽い食事を用意し親しい人たちを招きます。招いた方へのお返しは不要です。遠方などでお祝いをいただいた人たちには、内祝いとしてお祝いの半額程度の物をお返しします。

お役立ち情報

新築祝いは新しく家を建てた際、両親など親しい方から頂くもので、引越しをしてから1か月以内に内祝いとして品物をお返しします。新築はおめでたいことなので水引は紅白の蝶結びにし、下に苗字を書きます。二世帯の場合で苗字が違う場合は連名で書きますが親の名は右側に書くようにします。贈る品物は相手の生活スタイルに合わせタオルやお菓子といった消耗品、火に強いという意味のなべややかんなど調理用品を選びます。金額は他のお祝いと同じように相手への負担にならないよう、三分の一から半額ぐらいのものにします。

内祝いやお祝いに。京都のお米ギフト通販。
内祝いやお祝いに。京都のお米ギフト通販。
ミシュラン店御用達。ご自宅用のお米通販。
ミシュラン店御用達。ご自宅用のお米通販。