現金と品物をいただいた場合の出産内祝い

現金と品物をいただいた場合の出産内祝い

親族などから、出産祝いに現金と品物の両方をいただく場合があります。その際、どのように出産内祝いを贈ればよいのかと迷ってしまう方もいるかもしれません。 そこで今回は、現金と品物の両方をいただいた際の出産内祝いの贈り方と、心掛けておくべきポイントを併せてご紹介します。

63804-1

現金と品物、両方をいただいた場合のお返しはどうすればよい?

出産祝いに現金と品物の両方をいただいた場合、出産内祝いの品物選びに迷ってしまう方もいるのではないでしょうか。出産内祝いの相場は、いただいたお祝い額の半分~3分の1程度。そのため、現金と品物の両方をいただいた場合であっても、いただいた現金と品物の合計額を基に、相場にあった金額の内祝いを選べば問題ありません。

しかしながら、品物の金額がどれくらいなのか分からないということもあります。その際はインターネットで検索したり、買物に出掛けたりした際に金額を調べてみましょう。中には、わざわざ値段を調べるのは失礼にあたるのではかと考える方もいるかもしれません。ですが、相手の贈ったものよりも極端に安価、もしくは高価なものを選ぶと、逆に相手に不快な思いをさせてしまうことも考えられます。そのため、きちんと金額を調べて出産内祝いを選ぶことをおすすめします。金額を調べるときは、相手に悟られないよう細やかな配慮を忘れないことが大切です。

63804-1

ポイントを押さえて、相手が喜ぶ出産内祝いを贈ろう

いただいた品物によっては、どれだけ調べても金額が分からないという場合もあるかもしれません。そんなときには、似たような品物をチェックし、おおよその目安金額を推定しましょう。その金額を基に品物を選び、出産内祝いにメッセージカードを同梱するとよいでしょう。

親族や上司などからいただいた現金と品物の金額が高額というパターンも考えられます。その場合、半返しだとかなりの額になってしまうため、かえって相手を恐縮させてしまう可能性が高いといえます。そのため、内祝いは3分の1程度にとどめ、メッセージカードを同梱することが望ましいといえます。 出産内祝いに限らず、内祝いでは高い金額の品物よりも感謝の言葉や気持ちを伝えることが重要です。メッセージカードの同梱はもちろん、電話をかけたり、直接会いに行ったりなど、感謝の気持ちを行動で表すようにしましょう。

気遣いと感謝が出産内祝いの基本

出産祝いに現金と品物の両方をいただいたら、上記をぜひご参考ください。丁寧に、感謝を込めて出産内祝いを贈ることが大切です。心を傾けた分だけ、相手もきっと喜んでくれるはずです。

お米のギフトサイト ご自宅用のお米通販【京都・八代目儀兵衛】