粗品

粗品

最終更新日 2020-11-21
公開日 2020-11-21

「粗品」とは本来は粗末な品物という意味で、内祝いで人に贈る品物を謙遜して呼ぶとき使用します。日本人の奥ゆかしさを表現した言葉です。

しかし最近は贈り物を謙遜して使う場合より、商用目的で開店やお礼の品物を簡単でちょっとした品物をお客に差し上げる場合に使用されることが多くなっています。例えばボールペン、洗剤、ティッシュペーパー、タオル等があります。

3000円をこえるような品物を贈る場合は「粗品」とのし紙の表書きにしません。大切な記念品を贈る場合はのし紙に記念品と表記するのが贈答のマナーです。日本にはさまざまなお祝いの言葉があり、冠婚葬祭で使用されます。人に贈り物をする場合もマナーを心得た言葉を使用することが大切です。

お役立ち情報

粗品とは品物を贈る際、粗末な品ですが、と謙譲した表現をするときに使う言葉です。主に企業やお店などが感謝の気持ちなどで配る場合や景品の場合、工事をする際の挨拶、引越しの挨拶などで使用されます。お祝いごとではないので内祝いとは表現しません。粗品という言葉は値段の高いものには使用することが少なく、ちょっとしたタオルや紅茶やコーヒーなど相手がお返しをしなくても良いような物の場合使います。のしの水引はちょうちょ結びにし、下に苗字や企業名を入れるようにします。

お米のギフトサイト ご自宅用のお米通販【京都・八代目儀兵衛】