結婚内祝いの相場はどのくらい?いつまでに贈ればいいの?

結婚内祝いの相場はどのくらい?いつまでに贈ればいいの?

最終更新日 2021-12-14
公開日 2020-11-23

一般的には、いただいた額の半額~3分の1程度が目安です。結婚式を行う場合、原則的には結婚式から1ヶ月以内に贈るのがマナーです。

結婚式に招待して参加された方には、引き出物が結婚内祝いになります。しかし、頂いたご祝儀の金額が世間相場よりも多かった場合は、別に内祝いを贈ることもあります。

挙式や披露宴を行わず入籍だけの場合は、お祝いを頂いてから1ヶ月以内に贈るのがベストです。

贈って頂いた相手が親族の場合は、世間の決まり事とは別に親戚関係での内祝いの取り決めがあるケースも考えられるので、両親や義父母に相談してから内祝いの額や品物を考えるのがよいです。

結婚のお祝いは、自分や配偶者の兄弟姉妹から頂くこともありますが、その場合は内祝いを返すケースと兄弟などであえて返さないケースと半々になるため、この場合も自分の両親や義父母と相談したうえで内祝いの有無や金額を考えるのがよいです。

結婚内祝いでは、なるべく相手の好みに合ったものを贈るようにします。ただ、好みが分からないなど多くの方にお贈りする品となります為、家族がいらっしゃる方には、家族全員で食べることができるお米などが最近は人気が高く喜ばれています。

1人暮らしの方やカップルでもお米でしたら貰った方も嬉しく昔からお赤飯など「お米=縁起の良いもの」となりますのでお祝い事として結婚内祝いに選ばれる方が多いです。

結婚内祝い・結婚祝いのお返しはこちらから

お米のギフトサイト ご自宅用のお米通販【京都・八代目儀兵衛】