荷入れ

荷入れ

最終更新日 2020-11-21
公開日 2020-11-21

荷入れとは嫁入り道具を新居へ運ぶことです。荷送りともいいます。めでたい行事ですから、嫁入りの心得としてしっかり自覚しておこなうことが大切です。

地域によりさまざまな慣習や風習があるので、新郎側と新婦側がよく話し合い相談しておこなうことがポイントです。荷入れの時期は結婚式の2~3週間前の吉日の午前中におこなわれます。

現在は新居も取り付けの家具が多く嫁入り道具もいろいろ変化しています。両家が話し合い手落ちのないようにします。当日は新居へのあいさつをするようにします。結婚式をおこなう前に忘れないようにしましょう。

結納品は結婚式までは実家の床の間に飾っておきます。挙式後に二人で相談し、記念品などにかえることをおすすめします。

お役立ち情報

新婦の荷物を新居に運び入れることを関西では「荷入れ」といいます。元来は挙式当日に行われたものですが、現在は挙式の2~3週間前の吉日の午前中に行うのが良いとされています。地域によっては「荷送り」や「荷物納め」などの呼び方があります。一生に一度の行いとして、盛大に行われた婚礼の儀式のひとつですが、最近は省略する場合も多くなりました。手伝っていただく方々への内祝いは、荷物の出発前に新婦側が用意しておきます。

内祝いやお祝いに。京都のお米ギフト通販。
内祝いやお祝いに。京都のお米ギフト通販。
ミシュラン店御用達。ご自宅用のお米通販。
ミシュラン店御用達。ご自宅用のお米通販。