交渉OK?引き出物にかかる持ち込み料

交渉OK?引き出物にかかる持ち込み料

「できるだけ費用を抑えて結婚式を挙げたい」と考えているカップルは多いかと思われます。そんなとき向き合うことになるのが、引き出物などにかかる“持ち込み料”です。ここでは、引き出物や貸衣装などにかかる持ち込み料についてご紹介します。

意外と見落としがちな費用“持ち込み料”とは?

結婚式を挙げるのであれば、自身が納得のいく衣装や引き出物を選びたいもの。また、「式場が見積もってきた金額より少しでも費用を抑えたい」という気持ちがあるカップルも少なくありません。しかし、そういった理由で式場と提携していない他業者の引き出物や衣装を持ち込むと、“持ち込み料”と呼ばれる追加費用が発生するケースがあります。


持ち込み料とは、式場が他業者から預かった引き出物や衣装などを保管しておく際に発生する費用のことです。持ち込み料が発生する理由として挙げられるのが、“自社や提携業者の利益を守るため”です。外部からの持ち込みを許容すると、式場や式場の提携業者が提供している引き出物の利益がゼロになってしまうため、経営リスクが発生します。持ち込み料は、こうしたリスクを減らす目的で発生する費用だといえます。

持ち込み料の相場としては、ドレス1点で1万~2万円程度、引き出物1点で300~500円程度となっています。少しでもこうした費用を浮かせたいと考えているのであれば、事前の相談や交渉が大切です。

費用を節約したい!持ち込み料についての交渉

少しでも安く挙式をしたいのであれば、持ち込み料に関する交渉は不可欠です。持ち込み料は交渉次第で割安に抑えることもできるため、ポイントを押さえて上手く交渉していきましょう。特に、式場予約がまだ済んでいないのであれば大きなチャンスがあると考えられます。式場側の「成約を取りたい」という考えを上手く読み取ったうえで、思い切って「引き出物を持ち込んでもよいのなら契約をする」という提案を行っていきましょう。「親族にギフトを扱っている人がおり、そこの品物を親戚関係に配慮して使いたい」といった理由を説明すると効果的です。

また、持ち込み料負担サービスを行っている業者に依頼してみるのもひとつの手です。たとえば、八代目儀兵衛が行っている持ち込み料一部負担サービスがあります。これは、八代目儀兵衛が扱う3,000円以上の商品を20点以上購入した際に利用できるサービスです。持ち込み商品1点につき、上限300円の金額を負担しています。くわえて、式場プランナーとの手続きも代行いたしますので、煩わしい手間もなし。持ち込み料の節約をお考えの方は、この機会に八代目儀兵衛のサービスをご利用ください。

予算計画には“持ち込み料”の計算も忘れずに

引き出物や衣装にとことんこだわるのであれば、外部からそれらを持ち込むことが考えられます。そうなった際は、予算計画時に持ち込み料が加算されることもきちんと把握しておきましょう。

引き出物の特集ページを見る

お米のギフトサイト ご自宅用のお米通販【京都・八代目儀兵衛】