1歳~2歳の子どもがいる家庭への出産内祝い

1歳~2歳の子どもがいる家庭への出産内祝い

最終更新日 2020-11-23
公開日 2020-11-23

喜ばれる出産内祝いにするなら、先様の好みや家庭状況などを考慮して選ぶことが大切です。1歳〜2歳の子どもがいる家庭の場合、あまり望ましくないグルメギフトがいくつかあります。そこで今回は、避けるべきものとその理由、グルメギフトを選ぶときの注意点をご紹介します。

出産内祝いにNGのグルメギフト

出産内祝いにNGのグルメギフト

出産内祝いをはじめとする内祝いの品として、人気の高いグルメギフト。1歳〜2歳の子どもがいる家庭へ贈るときは、以下の品を避けるのが無難です。

刺激の強いもの

大人と子どもでは味覚に大きな差があります。これは、味覚を感じるのに必要な「味蕾」というセンサーが加齢とともに減少するため。子どもは大人に比べて味蕾が多いため、苦味や辛味、酸味などに敏感に反応してしまうのです。 味に対して敏感な子どもは、辛いものや苦いもの、酸っぱいものを嫌う傾向にあります。そのため出産内祝いは、できるだけ刺激の少ないものを選ぶようにしましょう。

調理に手間がかかるもの

味覚の違いもあり、1歳~2歳の子どもは大人と同じものが食べられないケースが多くあります。そのため、大人と子どもでメニューを分けている家庭も少なくありません。簡単に調理できるものを選ぶことで、きっと喜んでもらえます。

生もの

1歳~2歳の子どもは消化器官の発達が未熟なので、生ものは避けたほうがよいといわれています。何歳から与えてもいいという決まりはありませんが、中にはある程度の年齢になってから食べさせようと考えている家庭もあります。食中毒の原因にもなるので、生ものは避けるようにしましょう。

グルメギフトを選ぶときの注意点

出産内祝いにグルメギフトを選ぶときは、アレルギーに注目しましょう。食物アレルギーを持つ子どもは多く、飲食することでかゆみや湿疹、発疹、腹痛などを引き起こす恐れがあります。食品ごとにアレルギーチェックを受けると、アレルギーの有無を調べることが可能です。

加工食品には、特定原材料とされる7品目の表示が義務づけられています。その7品目とは、卵・乳製品・大豆・そば・甲殻類(カニ・エビ・イカなど)・貝類・小麦のこと。中でも、そば・甲殻類・貝類は子どもがアレルギーチェックを受けていない可能性が高いので避けたほうが無難です。購入前にパッケージをよく確認しておきましょう。

先様の配偶者や子どものアレルギーの有無を把握することが難しいケースもあるかもしれません。その場合、アレルギーの心配が少ない“お米”がおすすめです。日本人の主食であるお米なら、家族みんなでおいしく食べてもらうことができます。 八代目儀兵衛では、さまざまなお米ギフトを扱っています。一つひとつ内容量や価格帯などが異なるので、要望に適したギフトが見つかるはずです。

家族みんなで食べられるものを選ぼう

家族みんなで食べられるものを選ぼう

先様に1歳~2歳の子どもがいるなら、親子で一緒に食べられるグルメギフトを選びましょう。調理に手間がかかるものや生ものなどを避け、家族でアレルギーの心配をせず食べられるものを選べば、きっと心から喜んでもらえます。出産内祝い選びにお悩みの方は、ぜひご参考ください。

出産内祝いの特集ページを見る

内祝いやお祝いに。京都のお米ギフト通販。
内祝いやお祝いに。京都のお米ギフト通販。
ミシュラン店御用達。ご自宅用のお米通販。
ミシュラン店御用達。ご自宅用のお米通販。