上包み | 用語集|内祝い・お返しなら京都 八代目儀兵衛上包み

ご注文・お問い合わせは TEL:0120-7-05883 / FAX:075-200-3518

1ヵ所につき5,400円以上で送料無料

  • ギフトで贈る
  • ご自宅用に購入
  • 米料亭で食べる
  • 海外に届ける
ようこそ
ゲストさま
0

税込合計金額

0,000,000

ログイン
メール
パスワード

パスワードを記憶する

パスワードを忘れた方はコチラ

内祝い用語集 内祝いや用語に関するマナーもこれで完璧

上包み

2015年9月14日
uwadutumi
上包みとは、慶事や弔事の際にお金を包んだ中包みの上から包む紙のことで、慶事か弔事かで包み方が異なります。結婚式や内祝いなどのお祝い事全般だけでなく、その他の贈り物も全て慶事の包み方をします。

一般的には慶事の際は上包みを2枚、弔事では1枚を使用します。まず、裏を上にして置いた中央に中包みを置き、中包みの幅を目安に縦3等分くらいになるように左側から折り、その後で右側を折ります。次に裏の折り返しの重なりを作るのですが、結婚式などの慶事は下側が上、弔事は上側が上になるように折りましょう。

弔事の際に慶事包みをしてしまっても慌てていたと解釈してもらえますが、婚礼際などに弔事包みをしてしまうと相手に不快感を与えてしまうので注意してください。

お役立ち情報

結婚式や内祝いなどの慶事やお葬式などの弔事の際にお金を手渡すときは、中身が分からないようにして渡すのがマナーとされています。そのため、お金を入れた中包みをさらに上包みし、その上から水引をかけ、慶事の際は熨斗をつけるという形になります。また、慶事と弔事では上包みの枚数や裏の折り返し方も異なり、慶事の際は「祝いが重なるように」という意味で二枚重ねで包み、裏の折り返しは「喜びが上向きになるように」という意味で下側が上になるように折ります。弔事の際は1枚で包み、裏の折り返しは上側が上になるように折ります。

送料、お届けについて

送料について

お届け先1ヶ所につき 5,000円(税別)以上のお買い上げで送料無料!!

※ 5,000円未満の場合は、
全国一律600円(税別)送料がかかります。

※ 沖縄・離島の場合は、
¥5,000円以上お買い上げの場合は600円(税別)
¥5,000円未満の場合は1,200円(税別)
送料が必要となりますのでご了承くださいませ。

お支払方法
1)代金引換
2)銀行振込
3)クレジットカード

JCB / AMEX / VISA / MASTER / Diners

4)後払い(コンビニエンスストア・郵便局)
クロネコ代金後払いサービス

お届け日について

ご注文からお届けまでの流れ

お届けまでの流れ

お届け日の目安

ギフト…平日14時までのご注文で4営業日後に発送

※「銀行振込」「コンビニ決済」の入金・「お写真同梱」のご送付待ちの場合は、お届け日が上記条件にそぐわない場合がございます。

ご注文からお届けまでの流れ

お届け日の目安

お届けについてもっと詳しく

ギフトシリーズ一覧
  • 十二単シリーズ
  • 良縁米シリーズ
  • 祇園囃子シリーズ
  • 献上米シリーズ
  • 米料亭子シリーズ
  • 十二単詰合せシリーズ
  • 京の味ごはんシリーズ
  • いろあそびシリーズ




Scroll Up