内祝と共に、一筆箋は必ず贈らなければならない?質問と回答内祝と共に、一筆箋は必ず贈らなければならない?

ご注文・お問い合わせは TEL:0120-7-05883 / FAX:075-200-3518

1ヵ所につき5,400円以上で送料無料

  • ギフトで贈る
  • ご自宅用に購入
  • 米料亭で食べる
  • 海外に届ける
ようこそ
ゲストさま
0

税込合計金額

0,000,000

ログイン
メール
パスワード

パスワードを記憶する

パスワードを忘れた方はコチラ

お祝いや出産内祝い・引き出物なら【 京都 八代目儀兵衛】TOP > 用語集 > 内祝と共に、一筆箋は必ず贈らなければならない?

内祝い用語集 内祝いや用語に関するマナーもこれで完璧

内祝と共に、一筆箋は必ず贈らなければならない?

2015年11月9日
63768-1
内祝いを贈る際に必ずしも一筆箋を贈らなければならない決まりはございません。

しかし、貰い手側からしますと内祝いの品と共に一筆箋を頂く事はとても嬉しい事でありますので、もしお時間に余裕がございます場合は簡単な言葉でも一筆箋をご用意することをお勧め致します。

一筆箋は一言のメッセージを添えるものでございます。一筆箋をお付けしない形でも失礼にあたることはございませんので、ご安心くださいませ。

現代のことですから、メールなどで代用することも十分可能です。親しい友人や特別な方に対しては、気持ちを添える意味で一筆を入れておく事はいいかもしれません。

一筆箋と一緒にお贈りする内祝いとは現代では、出産のお祝いをいただいた方に対するお礼、香典返しはその名の通り、お香典をいただいた方に対するお礼を意味します。

63768-2
通常、いただいた品物やお金の半分~3分の1くらいを目安にお返しの品を選び、ご自宅などに送付します。

値段から、コーヒーの詰め合わせやお米、タオルなどが人気があり一般的にも多いようです。このとき、お礼状や一筆箋は必要かどうか気になるところです。

確かに、お返しをいただく立場からすると、ちょっとしたお礼や近況報告が記載されているとうれしく思いますし、安心できます。

しかし、たいていは多くの相手にお送りすることになる内祝や香典返しのすべてにお手紙を書くのは大変な時間と労力がかかってしまいます。

また、こうしたお返しをする時期は、出産であれ、ご不幸であれ大変忙しい時期と重なります。無理に全員の方にお手紙を差し上げる必要はありません。

お役立ち情報

送料、お届けについて

送料について

お届け先1ヶ所につき 5,000円(税別)以上のお買い上げで送料無料!!

※ 5,000円未満の場合は、
全国一律600円(税別)送料がかかります。

※ 沖縄・離島の場合は、
¥5,000円以上お買い上げの場合は600円(税別)
¥5,000円未満の場合は1,200円(税別)
送料が必要となりますのでご了承くださいませ。

お支払方法
1)代金引換
2)銀行振込
3)クレジットカード

JCB / AMEX / VISA / MASTER / Diners

4)後払い(コンビニエンスストア・郵便局)
クロネコ代金後払いサービス

お届け日について

ご注文からお届けまでの流れ

お届けまでの流れ

お届け日の目安

ギフト…平日14時までのご注文で4営業日後に発送

※「銀行振込」「コンビニ決済」の入金・「お写真同梱」のご送付待ちの場合は、お届け日が上記条件にそぐわない場合がございます。

ご注文からお届けまでの流れ

お届け日の目安

お届けについてもっと詳しく

ギフトシリーズ一覧
  • 十二単シリーズ
  • 良縁米シリーズ
  • 祇園囃子シリーズ
  • 献上米シリーズ
  • 米料亭子シリーズ
  • 十二単詰合せシリーズ
  • 京の味ごはんシリーズ
  • いろあそびシリーズ




Scroll Up