お七夜

お七夜

最終更新日 2020-11-21
公開日 2020-11-21

お七夜は生後7日目に赤ちゃんが無事成長の成長と命名のお祝いを行う儀式です。

半紙に赤ちゃんの名前を書き神棚や床の間に貼ってお披露目をします。昔は名づけ親に命名を依頼しましたが最近では両親で相談して名前を決める事が多くなりました。

名づけを親に依頼した場合はお礼として現金ではなく酒やお菓子をお返しの品として贈ります。平安時代から続く行事ですが現在ではお母さんの退院祝いもかねて親族や親せきなど親しい人が集まり内祝いを行います。

祝い膳は正式には赤飯、尾頭付の鯛と紅白の麩などでお祝いをします。簡単に準備ができる寿司や仕出し料理などを用意してお祝いする事も多いです。産後まもないお母さんの体調も考えケータリングなどの便利なサービスを使ってお祝いする事もよいでしょう。

お役立ち情報

お七夜は生後7日目に赤ちゃんが無事成長の成長と命名のお祝いを行う儀式です。半紙に赤ちゃんの名前を書き神棚や床の間に貼ってお披露目をします。昔は名づけ親に命名を依頼しましたが最近では両親で相談して名前を決める事が多くなりました。名づけを親に依頼した場合はお礼として現金ではなく酒やお菓子をお返しの品として贈ります。平安時代から続く行事ですが現在ではお母さんの退院祝いもかねて親族や親せきなど親しい人が集まり内祝いを行います。祝い膳は正式には赤飯、尾頭付の鯛と紅白の麩などでお祝いをします。簡単に準備ができる寿司や仕出し料理などを用意してお祝いする事も多いです。産後まもないお母さんの体調も考えケータリングなどの便利なサービスを使ってお祝いする事もよいでしょう。

お米のギフトサイト ご自宅用のお米通販【京都・八代目儀兵衛】