傷病見舞

傷病見舞

最終更新日 2020-11-21
公開日 2020-11-21

自分に関わりのある方々が病気やケガで療養している時に、本人とその家族を励まし慰めるために出向くことを傷病見舞いといいます。場所は病院でも自宅でもかまいませんが、病気やケガの内容と状況を確かめてから伺うようにします。

また療養している本人は体力的にも精神的にも弱っているため、面会を希望しないようであれば無理をせず静かに見守ることも必要です。状況が安定し直接面会できたとしても大勢で押し掛けたり長居はしないようにします。

長くても10分程度で失礼させていただきましょう。お子様連れも病院では感染症等を警戒することが多いので控えることが好ましいです。お見舞いの品は食べ物は飲食可能かどうかの情報を得てから持参し、花については生花持ち込み可能か確認をします。花はタブーとされる内容が多いため、花屋さんに用途を伝えて一緒に選んでもらいましょう。

傷病見舞い金を出す場合はだいたい5000円からとされていますが状況に応じて変えましょう。内祝いに関してはしなくても良いとされていますが、電話や礼状で感謝の気持ちを伝えることも大切な事です。傷病は他人事ではありませんから、まごころのこもったお見舞いを心掛けましょう。

お役立ち情報

傷病見舞とは、怪我や病気のため医療機関に入院しているか、自宅で療養している人を訪ねお見舞いすること、あるいはその際のお見舞金や贈答品をのことを言います。お見舞いに伺う際には病状を良く確認し、相手の迷惑にならない日や時間帯を選ぶようにします。贈答品であれば果物やお花、お見舞金は5千円程度が一般的です。お花を贈る場合、鉢植えには根付くという意味があるため、間違って贈らないよう注意します。傷病見舞については、お返しの意味での内祝いは不要です。贈るとすれば御礼状を送るか、もしくは退院後に快気祝いとして贈り物をするのが一般的です。

内祝いやお祝いに。京都のお米ギフト通販。
内祝いやお祝いに。京都のお米ギフト通販。
ミシュラン店御用達。ご自宅用のお米通販。
ミシュラン店御用達。ご自宅用のお米通販。