出産内祝いを贈る時期は?

出産内祝いを贈る時期は?

最終更新日 2022-01-26
公開日 2020-11-23

出産内祝いを贈る時期としましては、通常、お宮参りの前後、つまり生後1ヶ月あたりに贈るのが一般的で多くなります。

地方により異なる可能性もございますがお宮参りの前後に出産内祝いとして贈り物が届くことがよいでしょう。

遅くても2ヶ月以内に届くことがベストとなります。しかし、出産後ということもあり時期的に忙しく遅れてしまう可能性がございます。

その為にも、余裕を持ち出産前でしたら送り先などの準備をする事が大切となります。また頂いたお祝いに対して遅れて出産内祝いを贈ることになってしまった際はお詫びの言葉も添えてお贈りすることが良いかもしれません。

無事に出産をして、周囲の方からお祝いを頂くことはよくあります。子供の健やかな成長を、両親と同じようにお祝いをして頂くのは嬉しいこととなります。その為、多少遅れてしまってもこちらの事情を承知しております為、よほどの事がない限り問題ございません。

また、出産内祝いを贈る時期としてお宮参りの前後に贈る理由としましては母子共に自宅に戻り育児にも少し慣れてきた頃でもございます。昔なら紅白饅頭などを近所に配りました。

出産内祝いには、掛け紙は蝶結びになり、贈り主の名前には子供の名前にします。

これは、お祝いを頂いた方々にも子供の名前を披露する目的があります。

そして、お祝いを頂いたのが親ではなく子供になるからです。関西では、この掛け紙に子供の名前を入れる際には饅頭名刺という小さなものに名前を記入してのし紙に貼る習慣があります。

より丁寧に、名前を扱うことができます。贈り物は、お祝いの半額から三分の一を目安にすると失敗がありません。また、最近は配送をすることが一般的になり送料も加算しておくと品物を選びやすくなります。出産内祝いで人気の高い品物としてお米がございます。

理由としましてはお米をもらっても困る事がないことが1つと末広がりという米の字は縁起が良い事で選ぶ人が多いです。また赤ちゃんの体重に合わせたお米をお贈りする事も話題となっております。

商品をご注文された方には、無料で赤ちゃんのお顔が見えるお写真・お手紙を同梱するサービスもございます。是非こちらからご利用くださいませ。

八代目儀兵衛の出産内祝い

お米のギフトサイト ご自宅用のお米通販【京都・八代目儀兵衛】