同時交換

同時交換

最終更新日 2020-11-21
公開日 2020-11-21

結納の儀式はいろいろあります。最近は結納の儀式を同時交換でおこなう場合が増えています。

結納と一緒に結納返しもおこなうスタイルです。新郎新婦の両家が遠い場所にあり、離れているような場合などでは一度に結納と結納返しができ、両家の内祝いである二つの儀式をおこなう手間が少なくなります。

結納の同時交換で大切なことは事前に両家で結納品について話し合い、どのような結納返しをおこなうかを決めるようにしておくことです。両家で話し合い納得した結納の儀式にすることです。

結納の儀式を女性の自宅でおこなう場合は男性側が来る前に最初から結納返しを飾っておくことがマナーです。ホテルや式場を利用する場合は両家で飾り付けをします。

お役立ち情報

同時交換とは、正式に婚約を調える結納の儀の際に、男性側からの結納品の贈呈と、女性側からの結納返しの贈呈を、同時に行うことを言います。結納品をお互い同時に出しあうわけではなく、男性側からの結納品贈呈の後に、女性側から受取書を渡し、結納返しの目録を手渡します。女性側は、結納を頂いた後に結納返しの内容を吟味する時間が無いため、事前に両家で話し合い、内容を決めておく必要があります。内祝いの熨斗袋や末広など、結納と結納返しの全品目がセットになったものも販売されています。

お米のギフトサイト ご自宅用のお米通販【京都・八代目儀兵衛】