御贐

御贐

最終更新日 2020-11-21
公開日 2020-11-21

御贐(はなむけ)とは、結婚の際に送るお祝いの一種です。一部の地域に今も根付いている風習のひとつで、結婚という新しい門出をお祝いする、という意味合いがあります。

地方によっては、送り方や作法などが異なっています。結婚式を挙げる前に、新婦に渡す結婚祝い金のことを、御贐と呼ぶところもあります。また、結婚祝いとは別に、送る金品や、品物のことを指すというところもあります。内祝いを返す時は、いただいたお祝い金のうち、半額程度の品物にするのが一般的だと言われています。

しかし、例えば同じ県内でも、その土地その土地によって、決まりが全く異なる場合がありますから、両親や親類などに事前に聞いて、把握し、その土地に合った決まりに従って送るのが良いでしょう。

お役立ち情報

御贐とは、新婦への結婚祝いのことで、東北地方や中国地方の一部で限定的に使用されています。旅立つ人が乗る馬の鼻を旅先の方角へ向けてあげる、「馬の鼻向け」という言葉に由来し、新しい人生を歩もうとしている人へのお祝いや激励を意味しています。宮城県では御餞別の意味合いもあり、新婚旅行代として通常のお祝いとは別に包むことがあります。青森県津軽地方では、新郎へのお祝いを「御祝」、新婦へのお祝いを「御贐」と分けることがあり、結婚式の当日までに贈ります。お祝い返しの内祝いは、頂いた金額の半額や、全く必要無いなど、地域によって異なります。

内祝いやお祝いに。京都のお米ギフト通販。
内祝いやお祝いに。京都のお米ギフト通販。
ミシュラン店御用達。ご自宅用のお米通販。
ミシュラン店御用達。ご自宅用のお米通販。