慶事から、長い時間が経ってから頂いたお祝いへのお礼はどうすればいい?

慶事から、長い時間が経ってから頂いたお祝いへのお礼はどうすればいい?

最終更新日 2020-11-23
公開日 2020-11-23

時期を問わずに内祝いを送ることをお勧め致します。

他の方へ届けた物と同じものがご用意できるのであれば、それがベストとなりますが、同じものが用意できない場合には、気持ちを込めた、その方に喜んでもらえるような品物をお届けすることがおすすめです。

お祝い事が随分前で、時間がかなり経った頃に、突然お祝いが届くことはございます。

いただいた側はお祝い事の時に、他の人たちへあまり時間をおかずに内祝いを贈っております為、お返しの準備が出来ていない可能性がございます。

もしも他の方にお贈りした同様の品が用意できない際は同等となる代わりの品物をお贈りして頂く事が良いでしょう。

すぐにお祝いを贈りたかったが予定が合わずにズレてしまったなど贈っていただいた方にも様々な事情があり遅れてしまった可能性がございます。

お祝いをしたいという気持ちから贈って頂いた事となります為、長い時間が経ってしまってもお祝いを頂いたお礼として内祝いの品をご用意する事をお勧め致します。

時期がずれていた分、また、新鮮な感じで、その慶びが再び心に戻ってきます。その近況なども一言添えて送ることも良いでしょう。

それまではあまり交流がない方であった場合も、その事で親しくなる場合もよくあります。

内祝いやお祝いに。京都のお米ギフト通販。
内祝いやお祝いに。京都のお米ギフト通販。
ミシュラン店御用達。ご自宅用のお米通販。
ミシュラン店御用達。ご自宅用のお米通販。