無地熨斗

無地熨斗

相手に贈り物をするときには、目上の方に贈るときにはやはりのしをつけた方が無難になります。しかし、あまり大げさにしたくないときには無地熨斗を使用すると上手くいきます。

ただ、内祝いなどのお返しの場合には、やはり表書きをすることで相手に贈り物をの意味が伝わります。

無地熨斗は、意外と幅広く使用することができます。手土産や、ほんの気持ちだけ贈りたいときなどには重宝するものです。

こののしには、通常のときに使用する紅白と、仏事に使用する黄白のものの2種類あります。
仏事の場合にも、お寺などのお供えなどにはこちらを使用すると失敗しません。のしは、日本古来からの伝統の一つです。そのために、色々な決まり事があります。

お役立ち情報

無地熨斗とは送り主の名前だけを書く、あるいは表書きと名前どちらも書かずに空白にした簡素な熨斗のことをいいます。お祝いやお見舞などを頂いた際そのお返しとして贈られる「内祝い」に使われることも多いのですが、一般的にはちょっとしたお礼やご挨拶などの日常の贈リものをする際や、訪問先へ手土産として持って行くときなどに使われています。また相手に気を使わせないように、お返しは不要ですよという意味で無地熨斗が使われることもあります。

お米のギフトサイト ご自宅用のお米通販【京都・八代目儀兵衛】