甘くてもちもちな新米を出産内祝いに

甘くてもちもちな新米を出産内祝いに

最終更新日 2020-11-23
公開日 2020-11-23

もちもちとした食感を楽しめるだけでなく、甘みも存分に味わうことができる“新米”は出産内祝いにぴったり。赤ちゃんの誕生を祝福してくれた大切な人へ、「ありがとう」の気持ちを込めておいしい新米を贈ってみてはいかがでしょうか。今回は、新米の定義や特徴についてご紹介します。

ポイントは精米される時期!新米の定義

新米の定義はふたつあり、米穀年度とJAS法により制定されています。

米穀年度では、収穫時期が11月1日から翌年の10月31日までのお米が新米として認められます。そのため、収穫された翌年の11月1日には新米から古米に変わってしまうのです。一方JAS法では、収穫した年の12月31日までに精米や袋詰が完了しているお米が新米として認められます。年末までに精米や袋詰が終わらなければ、年内に収穫していても新米として販売することはできません。

お米の味わいを楽しめる!新米の特徴

新米の特徴は、水分をたっぷり含んでいるということ。そのため、お米が割れないよう優しく研ぎ、炊くときは水を少なめにすることをおすすめします。また炊く前に浸水させる場合は、古米よりも浸水時間を短めに設定しましょう。水温などにより差はありますが、30分程度が目安です。
食感や味の特徴としては、もちもち食感とじんわりとした甘みがあげられます。おかずがなくてもおいしく食べられるため、ぜひお米そのものの味わいを楽しんでみてください。もちろん、海苔や佃煮などと合わせてもおいしく食べられます。また、粘り気の強さも新米の特徴のひとつ。お刺身や煮物、焼き魚などさまざまな料理と相性抜群です。一方、チャーハンのようにパラっとした食感を楽しむ料理には新米よりも古米がおすすめ。料理に合わせて使い分けてみると、お米の新たな魅力を発見できるかもしれません。

出産内祝いとして新米を贈るなら、ぜひおいしい食べ方まで伝えてあげましょう。

出産内祝いにおいしい新米を贈ろう

出産内祝いにおいしい新米を贈ろう

お米本来のおいしさを堪能できる新米。子どもからお年寄りまでおいしく食べられるので、老若男女問わず喜んでもらえます。八代目儀兵衛のお米ギフトは種類ごとに小分けにしているため、一人暮らしの方への出産内祝いにもぴったりです。 なお、お米は立派な生鮮食品のひとつで、保存状態により鮮度や味が変化します。おいしく食べるためにも、直射日光が当たらず温度と湿度が低い場所で保存するようにしましょう。出産内祝いとして贈るときは、ぜひ保存方法まで伝えましょう。

出産内祝いの特集ページを見る

お米のギフトサイト ご自宅用のお米通販【京都・八代目儀兵衛】