祝儀袋

祝儀袋

最終更新日 2020-11-21
公開日 2020-11-21

祝儀袋はもらえると、とてもうれしいものです。袋自体がとても豪華なので、おのずと中身を期待してしまいます。

もらう時、露骨にそんな態度を表に出してはいけませんが、喜びを全身で表すのはよいことです。そうすることによって、贈る方もうれしい思いになるものです。

祝儀袋を贈るシチュエーションですが、結婚式などのイベントの時や、誕生日などのお祝いの時に贈ることが多いです。袋にもいろんな種類がありますが、大事なことは袋ではなくて、贈るという気持ちなのです。

贈られた方は、なかなかもらうという機会は少ない人の方が多いので、とても幸せな気分になります。その幸せな気分を忘れないようにしておくことが大切なことです。

お役立ち情報

結婚のお祝いのときに使う祝儀袋は、二度と繰り返さないほうがいいことなので結びきりの水引が付いた袋を使い、入学祝いや出産祝い、長寿のお祝いなどの内祝いのときに使う袋は、何度あってもいいお祝い事なので蝶結びの水引が付いた袋をつかいます。袋の中に入れるお金は、折り目のないきれいな新札を肖像画がある表側を前にして包みます。裏側は、慶びや幸せを受けるように、という意味を込めて上向きに折り返しのある方を外側にします。

お米のギフトサイト ご自宅用のお米通販【京都・八代目儀兵衛】