籍を入れるだけの結婚でお祝いを頂いたが、結婚内祝いはどうしたら良い?

籍を入れるだけの結婚でお祝いを頂いたが、結婚内祝いはどうしたら良い?

籍を入れるだけの結婚でもお祝いを頂いた場合は結婚内祝いとして、お返しを贈った方がよろしいかと思われます。お祝いをしてくれた方へのお返しという事になりますので、一筆箋を添えて贈ると更に喜ばれる事となるでしょう。

結婚にもいろいろな形があり、挙式をしないで入籍をするだけの人達も今日では多くなってきています。

その結婚に対して、知り合いの人や、友人たちから結婚のお祝いを貰うことは、二人の結婚を祝う気持ちなのでありがたく頂戴することです。

その内祝いですが、結婚内祝いとなり、いただいたのが祝儀の場合にはその金額の3割くらいから半分程度のものを結婚内祝いとして送るのが良いように思います。

63824-2

二人にとって、結婚式や披露宴をしていないという、少し引け目を感じる時があるのかも知れませんが、そのようなことは全くなくて、結婚という事実においては、式や披露宴は関係なくおめでたいことなのです。

披露宴をするときには祝儀をいくら多くもらっても、反対に控えめな額をもらっても引き出物は同じですが、式などをしない場合には、いただいた一人一人に合うようなものを心を込めて選んであげることができます。

入籍をした後、できれば一ヶ月以内くらいの間にお返しとした結婚内祝いを届けるのが良いでしょう。その時に自分自身で届けるのではなく、配送する場合にはお礼状を必ず一緒に届けることが大事です。

今後の二人の生活をしていくときに、それをすることは目上の人などから見ても感じが良くみえます。

お米のギフトサイト ご自宅用のお米通販【京都・八代目儀兵衛】