米は日本以外でも重要な食材!世界の米料理をご紹介します

米は日本以外でも重要な食材!世界の米料理をご紹介します

お米は日本人の主食ですが、日本以外でも多くの人々が米を食べています。世界人口の半数以上がお米を食べているとされており、調理方法も国や文化によって異なります。世界にはおいしいお米料理がたくさんありますよ!

今回は世界の米料理についてご紹介します。

■日本でも有名な世界の米料理

日本では多くの国の料理を食べることができます。まずは日本で既にメジャーな世界の米料理をご紹介します。

・カオマンガイ/タイ

カオマンガイはタイでメジャーな蒸し鶏とお米のシンプルな料理です。日本人の口にも合う味付けで、近年のエスニックブームと共に一気に普及しました。タイ以外ではマレーシア、シンガポールでも食べられています。

・ナシゴレン/インドネシア

インドネシアの代表的な米料理です。ナシはご飯、ゴレンは炒めるという意味があります。本場ではサンバル、ケチャップマニスなど日本では珍しい甘辛い調味料を使います。ナシゴレンはインドネシア以外にマレーシアでもよく食べられています。

・ビビンバ/韓国

日本でも焼肉店などでよく扱われているビビンバは韓国の米料理です。ご飯の上にキムチやお肉などの具材が5種類ほど丼ぶりのように乗っており、混ぜながら食べます。アツアツに熱した石鍋で作る石焼ビビンバも人気です。

・リゾット/イタリア

イタリアの代表的な米料理です。洋風のお粥を指す時にもよく使われている言葉ではないでしょうか。本場のリゾットでは、お米は生米のまま洗わずに使います。お米の食感は少しアルデンテ気味なことが多いようです。

・パエリア/スペイン

スペインの米どころ「バレンシア地方」発祥の米料理です。パエリアとはフライパンを意味します。サフランと魚介類を具材に使ったものがメジャーですが、本場のバレンシアでは鶏肉やうさぎの肉、カタツムリを使うこともあります。

■これからトレンドになるかもしれない世界の米料理

世界のお米料理はまだまだあります。これから人気が出るかもしれない世界の米料理を3つご紹介いたします。

・甘いお米のスイーツ!?

世界ではお米をスイーツに使うことがあります。日本では甘酒がありますが、イギリスでは「ライスプティング」が有名です。

ライスプティングはイギリスなどで食べられているスイーツで、現地人でも好き嫌いが大きく分かれています。甘いミルクとお米で作るプティングです。

イギリス以外でライスプティングは「ミルヒライス」と呼ばれ、ドイツや北欧を中心に食べられています。

・エスニックブームはまだまだ健在!ビリヤニ

エスニックブームが続く中、注目したいのはパキスタンやインドで食べられているビリヤニというカレー味の炊き込みご飯です。肉が使われており、スパイシーで食欲をそそるビリヤニは御祝料理として食べられることが多い料理です。

・魚介ベースのスープがおいしいガンボ

ガンボはアメリカのルイジアナ州起源のシチューのような米料理です。ガンボとはオクラのことで、スープにとろみをつけるために用いるのが一般的です。冬によく食べられており、ご飯にかけて食べるのが伝統スタイルです。野菜以外に肉やソーセージ、魚介類を使います。

世界の米料理は今回ご紹介した他にもたくさんあります。米料理には適したお米を選ぶことも重要ですので、米料理を作る際は、是非八代目儀兵衛でお買い求めください。

お米のギフトサイト ご自宅用のお米通販【京都・八代目儀兵衛】