結婚式

結婚式

最終更新日 2020-11-21
公開日 2020-11-21

幸せな2人の門出を皆さんに見ていただき祝ってもらうのが、結婚式と結婚披露宴に親族や友人知人を招待する大きな理由となります。

しかし残念ながら予算や会場の都合などにより、招待したい方を全員呼ぶわけにはいきません。招待出来なかった方たちから結婚のお祝いをいただくことがあると思いますが、その場合は内祝いを送ってお返しをするのがマナーです。

式の日取りに合わせてお祝いをいただくことが殆どですが、お返しを送るのは一般的に式から一ヶ月後くらいまでになります。お返しの商品の金額は、いただいた品物の価格の半額くらいになるものを選ぶのが良いでしょう。

人によっていただくお祝いは違うので金額面もまちまちです。なのでお返しも全員に同じ品物を送る必要はなく、その人に合った品物を選んで大丈夫です。

お役立ち情報

結婚内祝いとは、結婚式などでお祝いを頂いた方へのお返しとなる贈り物です。一般的に、贈る時期はなるべく早めが良いとされ、結婚式を終えて1ヶ月以内が目安となります。贈り物の予算は、頂いた品物の半額程度が適切で、明らかに安い品物は相手に感謝の気持ちが伝わらない恐れがあり、反対に高価すぎる品物は相手を恐縮させてしまう可能性があります。式の前から予算別にいくつかの品物を準備しておけば、スムーズにお返しを贈る事ができます。

お米のギフトサイト ご自宅用のお米通販【京都・八代目儀兵衛】