結婚祝いのお礼状の書き方は大丈夫?お米ギフトを添えて感謝を伝えよう

結婚祝いのお礼状の書き方は大丈夫?お米ギフトを添えて感謝を伝えよう

最終更新日 2022-05-07
公開日 2020-11-23

結婚祝いをいただいた方にはお礼状を書いて感謝の気持ちを伝えるのが一般的なマナーです。どのように書いたら良いのかきちんと知っておきたいものですよね。また、お礼状と一緒にギフトを贈ることでより感謝の気持ちを伝えることができます。 そこで今回は結婚祝いのお礼状の書き方とマナー、お礼状に添えるのにぴったりなお米ギフトについてご紹介いたします。

結婚祝いのお礼状のマナー

お礼状を送るのにも、知っておくべきマナーがあります。お礼状のマナーを知らないという方のために解説いたします。

送るタイミング

 お礼状を送るタイミングは、結婚式の後1ヵ月以内が目安です。 結婚式を挙げた直後だと、なにかと予定が詰まっていて忙しくなってしまうため、事前に結婚祝いをいただいた方のリストを作成しておきましょう。

目上の人には手書きの封書で送る

仲の良い親戚や友人であれば封書ではなくはがきで、砕けた印象のお礼状を送っても問題ありません。ですが、目上の方には白い無地の二重封筒に手書きでしっかりとしたお礼状を送りましょう。

結婚祝いのお礼状の書き方

結婚祝いのお礼状の書き方

結婚祝いのお礼状を書く際の注意点をご紹介いたします。

書く内容

季節の挨拶を1~2行書いてから、結婚祝いに対してのお礼の言葉と添えた品物の説明、今後について7~8行書き、最後に結びの挨拶をします。

忌み言葉や重ね言葉は避ける

忌み言葉や重ね言葉は別れを連想させてしまい、結婚祝いのお礼状にはふさわしくないため避けるよう心がけましょう。

句読点は付けない

句読点は、区切りをつけるという意味を連想させてしまうため好ましくありません。特に目上の方にお礼状を送る場合には注意しましょう。

お礼状と一緒に感謝の気持ちを伝えられるお米ギフト!

お礼状と一緒に感謝の気持ちを伝えられるお米ギフト!

お礼状にはギフトを添えると、より感謝の気持ちが伝わります。お礼ギフトは八代目儀兵衛のお米ギフトがおすすめです。

感謝の気持ちを伝えやすい「十二単シリーズ 〈三分咲き〉」

人気の「十二単シリーズ」から、お礼状に添えるのにおすすめなのが〈三分咲き〉です。 3つの料理米と、お米の炊き方やレシピ集がついたリーズナブルなギフトです。高級感抜群のギフト箱と風呂敷で梱包するため、目上の方にも安心して贈ることができます。

感謝の気持ちに季節感を添えて「ラブーケシリーズ 〈Umi ウミ〉」

夏限定のおすすめギフトが、「ラブーケシリーズ〈Umi ウミ〉」です。 祇園の料亭御用達のお米が4つ入っていて、職人による鮮やかな青色の花包みで見た目も華やかです。 専用の化粧箱には、「ありがとう」と印字されており、お礼状と一緒に贈るとより気持ちが伝わります。

感謝の気持ちを伝えるためにも、結婚祝いのお礼状は書き方やマナーをしっかりと確認し、相手に失礼のないように書きましょう。八代目儀兵衛は結婚祝いのお礼状に添えるギフトにぴったりな商品を各種取り揃えております。お礼状を送る際にはぜひ一緒にご利用ください。

結婚祝いの特集ページを見る

お米のギフトサイト ご自宅用のお米通販【京都・八代目儀兵衛】