自分が直接受け取っていない結婚祝いに対する結婚内祝いの熨斗の名入れはどうすればいい?

自分が直接受け取っていない結婚祝いに対する結婚内祝いの熨斗の名入れはどうすればいい?

最終更新日 2022-04-11
公開日 2020-11-23

親戚や家族を通して結婚内祝いを貰うことがあります。

特に遠くに住んでいる人からのものは、直接受け取らないことが多いです。

お互いに顔を知らなくても、家族の関係上お返しをする必要があります。

ご先方様がご本人様をご存知の場合は、名披露目として熨斗には新郎新婦様のフルネームを入れる形がおすすめです。

あまり親しい仲ではない時や、そうでない場合は、ご両家様の姓を名入れしてお渡しされるとよいでしょう。これといった決まりがないので、どちらでも構いません。

特段失礼に値するということもないので安心です。どうしても気になってしまう時には、旦那に相談してみてもいいと思います。

目上の人や普段お世話になっている人には、礼儀として熨斗を付けることをおすすめしますが、仲の良い友人に対してならメッセージカードを使うのもひとつの手です。

改まった感じがしないので、相手側も気兼ねせずに済みます。

この時には、新郎新婦の氏名だけで済ませても構いません。大切なのは感謝の気持ちを伝えることです。あまり形式にこだわらず、相手が喜ぶようなものを心がけましょう。

もちろん、自分の立場をわきまえることも重要です。人によって対応を変えながら、臨機応変に決めていってください。

内祝いやお祝いに。京都のお米ギフト通販。
内祝いやお祝いに。京都のお米ギフト通販。
ミシュラン店御用達。ご自宅用のお米通販。
ミシュラン店御用達。ご自宅用のお米通販。