荷送り

荷送り

最終更新日 2020-11-21
公開日 2020-11-21

荷送りとは結婚のお祝いで使用する場合は荷入れとも呼び、新婦側が新居へ荷物を運ぶことをいいます。

結婚式前には新郎側、新婦側がそれぞれで準備することがあります。内祝いの盛大におこなう行事として荷物を運び、地域によっては運ぶトラックなどに紅白の幕を飾り、婚礼用品とわかるようにしてお祝いする場合もたくさんあります。

嫁入り道具を新婚生活する新居へ運ぶ行事も地域によりさまざまなしきたりがあります。嫁入り道具の荷送りは新婦側が中心になり、両家が相談しおこなうことが大切です。

当日の予定をしっかり話し合い、忘れ物がないようにし、近所への挨拶などの細かい手配をするようにします。お祝いの行事ですから時期もお互いの都合に合わせ決めるようにすることが重要です。遅くても1週間前にはおこなうようにします。

お役立ち情報

最近は結婚は当事者の問題として、自由なスタイルで式を挙げたりする人が多くなっておりますが、長男や長女が結婚することになったときなどには荷送りや結納返しなどをしっかりときめれれたルールで行うことも多いでしょう。特に大きな家の場合、しきたりを重視する傾向にあるので、しっかりと夫婦として新しい生活を始める前に荷送りなどを行うことが大切です。また、内祝いなどもしっかりしきたりどおりに行うことが求めれることになるでしょう。

お米のギフトサイト ご自宅用のお米通販【京都・八代目儀兵衛】