2023年|父の日に、特別なお米のギフトを贈ろう。グルメなお父さんが喜ぶごはんのお供もご紹介

2023年|父の日に、特別なお米のギフトを贈ろう。グルメなお父さんが喜ぶごはんのお供もご紹介

最終更新日 2022-11-09
公開日 2021-12-04

2023年6月18日(日)は父の日。大黒柱として家族を支えるお父さんに、感謝の気持ちを込めて、今年はおいしいグルメギフトを贈ってみませんか?

最愛の我が子から届いた「おいしい時間」は、何よりも嬉しい特別なプレゼントになるはず。

お料理との相性を考え生み出された料理米から、絶品ごはんのお供まで。京の米老舗「八代目儀兵衛」が、グルメなお父さんの「うまいっ!」を引き出す特別なお米のギフトをご紹介します。

【記事編集】

京の米老舗 八代目儀兵衛

江戸時代より続く、京都の米屋。風呂敷で包まれた「お米のギフト」やきめ細やかなサービスは、「贈ったら必ず褒められる贈りもの」と評判。慶弔問わず、人生の大切な日や大切な相手への贈りものとして高い評価を受けている。HITACHIや伊藤園といった大企業ともコラボ実績多数。お米への深い愛情と知識、鍛え上げられた技術やノウハウに、メディア取材・出演も多く、テレビ・雑誌・WEBでの注目度も高い。
【受賞歴】 「楽天EXPO賞」「フォーマルギフト大賞」「OMOTENASHI Selection 2金賞」など多数

食べることが大好きなお父さんへ、父の日にはグルメギフトを
父の日にグルメギフトを贈るポイント
 グルメギフトを贈るポイント|①お父さんの食の好みをリサーチする
 グルメギフトを贈るポイント|②義理のお父様に渡す父の日のギフトは夫婦で選ぶ
 グルメギフトを贈るポイント|③グルメギフトと一緒に手紙やメッセージカードを添える
 グルメギフトを贈るポイント|④父の日当日は一緒に食卓を囲んで
【父の日】絶品のごはんには絶品のお米を
八代目儀兵衛のお米のこだわりとは?
 こだわりと父の日におすすめな理由|①「ありがとう」が伝わるメッセージカード
 こだわりと父の日におすすめな理由|②夏を感じる爽やかなギフトラッピング
 こだわりと父の日におすすめな理由|③毎日のごはんが楽しくなる料理米をセレクト
【2023年】父の日に喜ばれる八代目儀兵衛ギフト
 夏の味覚「うなぎ」や「鱧」が愉しめる贅沢ギフト「夏の京御膳シリーズ『月下美人』」
 父の日にだって花束を贈りたい「La bouquet 夏 シリーズ『Sora』」
 料亭気分が味わえる、最高峰のお米「祇園『翁霞』」
ごはんがもっとおいしくなる!父の日におすすめな八代目儀兵衛のごはんのお供
 ビール・お酒が好きなお父さんに「有明産 とうがらしのり」
 汗ばむ夏はスパイスカレーで決まり!「京のスパイスカレー『大人の欧風カレー』」
 父の日のディナーにぴったり!贅沢な「京風松茸めし」
2023年の父の日は6月18日(日)!おいしいグルメギフトでお父さんに感謝を伝えよう|まとめ

食べることが大好きなお父さんへ、父の日にはグルメギフトを

引用:Instagram

「食べることが大好きなお父さんにおいしいギフトを贈りたいけれど、種類が多すぎて選べない」と、父の日のギフト選びに悩んでいませんか?

豪華な外食も素敵ですが、ちょっぴり高級なお酒やうなぎのお取り寄せや絶品お米など、

自宅で愉しめるグルメギフトの魅力も侮れません。

今回は「父の日にグルメギフトを贈りたい」という方に向けて、お父さんが喜ぶもらって嬉しいグルメギフトをご紹介します。

父の日にグルメギフトを贈るポイント

引用:Instagram

父の日の定番であるサイフやネクタイが「形に残るギフト」なら、おいしい時間を共有できるグルメは、まさに「記憶に残るギフト」。大好きな家族と一緒に、おいしいグルメを堪能できれば、お父さんにとって何よりも幸せな父の日になるでしょう。

とはいえ、せっかく父の日にグルメギフトを贈るなら、グルメなお父さんの舌をうならせてみたいもの。

ここではまず、父の日にグルメギフトを贈る際に、知っておきたい4つのポイントをご紹介します。

グルメギフトを贈るポイント|①お父さんの食の好みをリサーチする

グルメギフトを選ぶ前に、まずはお父さんの好きな食べ物や嫌いな食べ物を思い返してみましょう。

男性の食の好みは年齢と共に徐々に変わっていくもの。「昔は焼肉が大好きだったのに、今はこってりしたものが食べられなくなった……」なんてことは、意外にもよくあること。

家族と一緒に住んでいるなら、お父さんがテレビやスマートフォンを見ている瞬間をよく観察して。「おいしそうだな」「この店に行ってみたいな」と呟いている食べ物をこっそりメモしておきましょう。

サプライズで「お父さんがこの間食べたいと言ってたから」と一言添えれば、「覚えてくれていたの!?」と感激されること間違いなし。

離れて住んでいる場合は、お母さんに「お父さんの食の好み」をリサーチしてもよいですね。

グルメギフトを贈るポイント|②義理のお父様に渡す父の日のギフトは夫婦で選ぶ

実の父親以上に気を使ってしまうのが、義理のお義父様に渡す父の日のギフトです。

特に結婚して間もない頃だと、お義父様の好みを把握するのはなかなか難しいものですよね。そんな時は無理をせず、パートナーを頼ってみましょう。

食の好みを聞いたり、夫婦で一緒にギフトを選んだりすることで、お義父様の新たな一面が発見できるかもしれませんね。

グルメギフトを贈るポイント|③グルメギフトと一緒に手紙やメッセージカードを添える

愛する我が子からの手紙。「いつもありがとう」「これからも元気でいてください」たとえ一言だけであったとしても、自分のために紡がれた言葉には何事にも変えがたい喜びがあるものです。

何よりも嬉しいのは、我が子が自ら「お父さんに気持ちを伝えたい」と筆をとってくれたこと。

大人になった今だからこそ。父の日には、手紙やメッセージカードを添えて。普段は面と向かって言えない感謝の気持ちを、あらためてお父さんに伝えてみませんか?

グルメギフトを贈るポイント|④父の日当日は一緒に食卓を囲んで

グルメギフトの一番の魅力は、「おいしいものを食べる」という体験を一緒に味わえること。選んだグルメギフトを使ってお父さんに手料理を振る舞ってもよいですね。

2023年の父の日は、6月18日(日)。今年の父の日は、週末を使って実家へ帰省して、家族みんなで食卓を囲んでみてください。

【父の日】絶品のごはんには絶品のお米を

有名レストランの高級なお取り寄せや銘酒。どれも喜んでもらえそうですが、せっかく父の日に「ありがとう」の気持ちを届けるなら、どんなおかずにも合うおいしいごはんを贈りませんか?

本当においしいお米は、産地銘柄にとらわれず、味・香り・ツヤなどあらゆる条件を満たしているものです。

そんな絶品お米なら、「白いごはんが大好き!」というお父さんはもちろんのこと「最近カロリーが気になって脂っこいものを控えている」というダイエット中のお父さんにも喜んでもらえるはず。

日本人の主食であるお米。小さい頃から食べ慣れたおいしいごはんを味わいながら、家族の懐かしい思い出話に花を咲かせてみてはいかがでしょうか。

八代目儀兵衛のお米のこだわりとは?

父の日をはじめとしたギフト選びのことなら、「接待の手土産セレクション2019」や「OMOTENASHI selection」など数々のギフト賞を受賞する八代目儀兵衛にお任せを。

ここでは、京の米老舗「八代目儀兵衛」のお米のこだわりと父の日におすすめの理由をご紹介します。

こだわりと父の日におすすめな理由|①「ありがとう」が伝わるメッセージカード

八代目儀兵衛のオンラインショップでは、「ありがとう」の気持ちが伝わる父の日限定のフォトフレームをあしらった「オリジナルメッセージカード・一筆箋」を無料でご用意しています。

メッセージカードには、コメントと一緒に写真を入れられるタイプも。お父さんとの思い出の写真や家族写真を入れれば、あなたにしか作れないたった一つの特別なギフトが完成します。

爽やかなブルーのメッセージカードに、普段はなかなか言えない感謝の気持ちをしたためてみませんか?

こだわりと父の日におすすめな理由|②夏を感じる爽やかなギフトラッピング

グルメギフトを贈るなら、ラッピングにもひと工夫を。父の日を彩るのは、みずみずしい若葉をあしらった夏限定デザインの新緑箱。

ほんのり汗ばむ6月は、贈り物も夏支度。包みを開けた瞬間に、夏を感じる爽やかなギフトをお届けします。

こだわりと父の日におすすめな理由|③毎日のごはんが楽しくなる料理米をセレクト

ギフトシリーズで取り扱っているのは、五ツ星お米マイスターの橋本儀兵衛が先代より受け継がれた“お米を選び抜く技と味覚”を元に厳選し、それぞれのお料理に合わせてブレンドしたオリジナル米。

しっかりとした粒感のお米がつゆだくの丼に合う『丼』やプロ顔負けのパラリとした炒飯に仕上がる『中』など、個性あふれる料理米を多数セレクト。

お料理に合わせてお野菜やだし、ワインを選ぶように。お料理がもっと美味しくなるよう、選び抜かれた当店自慢のお米をご堪能ください。

【2023年】父の日に喜ばれる八代目儀兵衛ギフト

引用:Instagram

それではいよいよ、父の日に喜ばれる八代目儀兵衛自慢のギフトをご紹介します。

料亭気分が味わえる、最高峰のお米や父の日のためだけに作られた特別なギフトセットなど、どれも自信をもっておすすめできるものばかり。

ぜひ、2023年の父の日のギフト選びにお役立てください。

夏の味覚「うなぎ」や「鱧」が愉しめる贅沢ギフト「夏の京御膳シリーズ『月下美人』」

夏限定の国産「鰻」や「鱧」を贅沢に詰め合わせた「夏の京御膳シリーズ」は、この季節しか出会えなスペシャルなギフト。ふっくらと柔らかい極上「うなぎ飯」の旨味が、毎日頑張るお父さんの疲れを癒してくれるはず。炊き上りの豪華さと食欲をそそる香りを存分に味わった後は、玄米茶をかけてひつまぶし風にしてお召し上がりください。

夏の京御膳シリーズ『月下美人』の詳細を見る

父の日にだって花束を贈りたい「La bouquet 夏 シリーズ『Sora』」

もらって嬉しいフラワーギフトは、母の日だけではなく父の日の贈り物としても大人気。ところが中には「お花をもらうのは照れてしまう」という恥ずかしがり屋のお父さんも。そんな時に大活躍するのが、「La bouquet 夏 シリーズ『Sora』」。美しいブルーの花包に包まれているのは、グルメなお父さんも唸る料理米です。グルメとお花のいいとこ取りが叶う特別なギフトで、父の日にお米の花束を贈りませんか?

La bouquet 夏 シリーズ『Sora』の詳細を見る

料亭気分が味わえる、最高峰のお米「祇園『翁霞』」

白いごはんをこよなく愛するグルメなお父さんには、予約のとれない祇園料亭にも愛される最高峰のお米をプレゼントしませんか?コクのある濃厚な甘みと淡雪のような喉越しは、思わず目を閉じてじっくりと味わいたくなるおいしさ。自宅にいながら、祇園が織りなすお米の奥深さをお楽しみください。

祇園料亭米『翁霞』の詳細を見る

ごはんがもっとおいしくなる!父の日におすすめな八代目儀兵衛のごはんのお供

引用:Instagram

いつものごはんにちょっぴり変化を加えるなら、手軽にアレンジが愉しめる「ごはんのお供」がおすすめ。とうがらしのりに本格レトルトカレー・京風松茸めし、などグルメなお父さんの食欲を刺激する個性溢れるラインナップをご紹介します。

ビール・お酒が好きなお父さんに「有明産 とうがらしのり」

お酒やビール好きのお父さんには、おいしいお米と一緒にピリッとした辛みと香りが印象的な「有明産 とうがらしのり」をプレゼントしませんか? 唐辛子を練りこんだタレでパリッと焼きあげたのりは、ごはんはもちろん、ビールやお酒との相性もバッチリ。おつまみ感覚で食べられる手軽さも魅力的です。

『有明産 とうがらしのり』の詳細を見る

汗ばむ夏はスパイスカレーで決まり!「京のスパイスカレー『大人の欧風カレー』」

蒸し暑い夏の定番といえば、香ばしいスパイスが効いた「カレー」。構想1年、大人のために開発された欧風カレーは、レトルトとは思えない高級感が自慢。本格的なスパイスとフォンドボーの旨みで、じんわりと体温を上げて。絶品スパイスカレーで、これからやってくる暑い夏を乗り切りましょう!

京のスパイスカレー『大人の欧風カレー』の詳細を見る

父の日のディナーにぴったり!贅沢な「京風松茸めし」

父の日のディナーはちょっぴり贅沢な「松茸めし」で決まり。小豆島産の醤油と昆布出汁をベースとした京風松茸めしは、松茸の上品な風味がお米のおいしさを引き立てる上品な一品。薄味の強風炊き込みは、ヘルシー志向のお父さんはもちろん、最近ちょっぴりカロリーが気になり始めたお父さんにもおすすめです。

『京風松茸めし』の詳細を見る

2023年の父の日は6月18日(日)!おいしいグルメギフトでお父さんに感謝を伝えよう|まとめ

6月は1年のちょうど真ん中。百貨店やCMで華やかに取り上げられる「母の日」と比べると、「父の日」は少々控えめな印象がありますよね。

日本では毎年6月の第3土曜日を「父の日」と定めていますが、毎年少しずつ日付が変わるため、慌ただしくしていると「母の日はしっかり覚えていたのに、父の日をすっかり忘れてしまっていた」なんてことにもなりかねません。

2023年の父の日は、6月18日の日曜日。大切な父の日を忘れて、お父さんに寂しい思いをさせないためにも、父の日のギフトは母の日と合わせて早めに目星をつけておくことをおすすめします。

お米のトータルプロデュース事業を展開する京都の老舗米屋八代目儀兵衛では、今回ご紹介した商品のほかにも、グルメなお父さんを唸らせるおいしいお米やごはんのお供を多数ご用意しています。

ちょっぴり照れ屋。そして誰よりも優しいお父さんの笑顔が見られるように。2023年の父の日は、八代目儀兵衛のグルメギフトで「記憶に残るおいしい思い出」を残しませんか?

▶︎2023年父の日のギフト特集を見る

内祝いやお祝いに。京都のお米ギフト通販。
内祝いやお祝いに。京都のお米ギフト通販。
ミシュラン店御用達。ご自宅用のお米通販。
ミシュラン店御用達。ご自宅用のお米通販。