【極上ごはんとまかないレシピ】じっくり味わうほどに満たされる「妙心寺さまのきんぴら」

【極上ごはんとまかないレシピ】じっくり味わうほどに満たされる「妙心寺さまのきんぴら」

最終更新日 2022-01-20
公開日 2021-05-31

こんにちは。

今回は【極上ごはんとまかないレシピ】シリーズの第一弾として、「妙心寺のきんぴら」をご紹介します。

本当においしいごはんと、この一品さえあれば他に何もいらない。

そんな贅沢な味わいが、特別な材料も工程も必要なく、おうちで簡単に再現できますよ♪

かの狩野探幽が手がけた、天井の「雲龍図」が有名な妙心寺。

その広大な敷地にはたくさんの松が植わっていて、どんな季節でも鮮やかな緑が心を鎮めてくれます。

そんな妙心寺は、全国3000寺以上を束ねる臨済宗妙心寺派の大本山。

「妙心寺さまのきんぴら」は、霊験あらたかな古寺で脈々と受け継がれてきた、本物の精進料理です。

今回は、僧侶さん直々に、その作り方を教わってきました。

五色鮮やかなきんぴらは、身体にも心にも、優しく沁みわたります。

精進料理というと難しく聞こえますが、特別な材料も工程も必要ありません。

ポイントは、とにかくたくさんの具材をひたすら刻むこと。

一心不乱に刻んでいると、不思議と心が落ち着き、頭の中がすっきりしてきます。

おうちごはんの大切さを再認識する今日このごろ。

歴史と伝統が育んだ「精進料理」を、おうちで再現してみませんか?

豊かな食感が楽しめる「妙心寺さまのきんぴら」に用意するもの

【材料】4人分

<出汁を取る場合>
・昆布(特に早煮昆布がおすすめ) 3~4枚
・干ししいたけ(スライスでないもの) 2本
→顆粒出汁での代用もOK!


<具材>
・しめじ 1パック
・じゃがいも(煮崩れしづらいメークインがおすすめ) 2個
・にんじん  1本
・ピーマン 2個


<調味料など>
・酒 80cc
・みりん 80cc
・しょうゆ 80cc
・砂糖 ひとつまみ
・塩 ひとつまみ
・ごま ひとつまみ
・ごま油 適量
 →サラダ油での代用OK!
・粉山椒 適量

顆粒出汁で時短も!「妙心寺さまのきんぴら」の作り方

1.出汁を取る

昆布と干ししいたけをそれぞれ一晩水につけ、出汁を取っておきます。

※顆粒出汁で代用する場合には必要ありません

2.野菜をしっかり洗う

皮に旨みや雑味、栄養があるため、むかずに丸ごと使うのがポイント。

そうすることで、味も引き立ちます。

皮ごと使うために、野菜は丁寧に洗いましょう。

3.具材の下ごしらえをする

しめじ・・・根元を切り、手で割いて大きさを均一に。野菜の千切りと太さを揃えるために、なるべく細く。

じゃがいも・・・スライサーにかけ、千切りに。そのあと水に5分程度さらし、もんだりすすいだりせずに水を切る。

にんじん・・・スライサーにかけ、千切りに。

ピーマン・・・千切りにする。

4.出汁をとろ火であたため、取り出した昆布としいたけを千切りにする

1の工程でとった出汁を、昆布・しいたけごと、3カップほど鍋にとります。

(顆粒出汁を使う場合も、同じくらいの分量を用意)

それをとろ火(ごく弱火)で過熱します。

じっくり緩やかに火を通すことが、出汁の香りを引き立てるポイントです。

指で触れて温かいなと感じる程度で、昆布としいたけを取り出してください。 取り出した昆布としいたけも千切りにします

5.出汁に酒・みりん・しょうゆを加えて、強火で煮立たせる

出汁に酒・みりん・しょうゆをそれぞれ80ccずつ加えたら、水気をとばすため強火で煮立たせます。

6.しめじを出汁にさっとくぐらせる

煮立った出汁にしめじを入れ、10秒ほどで取り出してください。

7.ピーマン以外の具材を炒め、ごま油を回しかける

熱したフライパンにごま油を入れ、まずはしめじとしいたけ、昆布を炒めます。

しめじに焼き色がついたところで、じゃがいもを加えて、さらに炒めてください。

最後ににんじんを加え、さっと炒めたら、ごま油を回しかけましょう。

8.フライパンに出汁を加えた後、ピーマンも炒める

具材を炒めているフライパンに、出汁をおたまに2~3杯加えます。

具材に出汁がいきわたった頃に、ピーマンを加えて炒めましょう。

ピーマンに火を入れる時間を短くすることで、えぐみが出ることを防ぎます。

火が通ったかどうかくらいに留めてください。

9.ごま・塩・砂糖を加え、炒める

ごま・塩・砂糖をそれぞれ一つまみずつ程度入れ、絡めるように炒めます。

10.器に盛りつけてから、粉山椒を散らす

器に盛りつけ、仕上げに粉山椒をふりかけたら完成です。

<ポイント>

・具材の皮をむかないので、余った材料も鮮度を保ったまま保存ができます

・アレンジで肉を加えてもおいしく頂けます

一口ごとにかみしめて、満足を実感

たくさんの具材のシャッキリ感と、一晩出汁を取って柔らかくなった昆布としいたけの弾力感が、楽しい食感のハーモニーを奏でます。

出汁の風味やコクをしっかりと感じられて、自然と一口一口を大切にしたくなるのが「妙心寺さまのきんぴら」です。

素朴ながら贅沢な味わいをより楽しむには、いつもよりちょっと特別な、極上のごはんをどうぞ。

今回のようなしっかりめの和の味わいには、

私たち八代目儀兵衛の「極」「和」をおすすめします。

せっかく精進料理なのだから、よりヘルシーに…という方は、

「健」を選んでも◎

じっくりと味わえる一品で、お腹はもちろん、心までゆったり満たしてくださいね。

内祝いやお祝いに。京都のお米ギフト通販。
内祝いやお祝いに。京都のお米ギフト通販。
ミシュラン店御用達。ご自宅用のお米通販。
ミシュラン店御用達。ご自宅用のお米通販。