心付け

心付け

最終更新日 2020-11-21
公開日 2020-11-21

心付けとは世話になった人や世話になる人に感謝の気持ちをしめすために与える金銭、品物です。祝儀やチップも同じ意味をもつものです。

心付けはサービスに対するありがとうを金銭で与えることを意味します。

旅行に行った場合旅館の中居さん等に感謝をチップや祝儀で渡す習慣がありましたが、現代はサービス料が宿泊代金に含まれており渡す必要がないというのが一般的な考え方です。

気持ちの問題ですから、結婚式で世話になったお礼や感謝をしめしたい場合はポチ袋や祝儀袋に入れて渡すようにします。渡すタイミングは早いほうがいいです。ポチ袋や祝儀袋に包んで感謝の気持ちをしめします。

お役立ち情報

心付けとは、お世話になる方にお礼の気持ちとして、お金で感謝を示すものです。旅館などで仲居さんに渡す、チップに相当するもで、渡さなければならないものではありません。結婚式では、司会、メイク、カメラマンなどへ、相場として3千円~1万円程度お渡しします。料金に「サービス料」が含まれており、金銭を受け取らない場合は、菓子折りなどをお渡しすることもあります。からなず必要なものではなく、結婚式をあげる二人の気持ちですから、その気持ちが伝わるものであれば良いのでしょう。「心付け」はサービススタッフに対して渡し物のことです。結婚式でお世話になった友人知人には、「お礼」としてお渡しします。また、参加されずにご祝儀だけいただいた方や、引き出物だけでは不十分な場合は、「内祝い」としてお返しをお渡しします。

お米のギフトサイト ご自宅用のお米通販【京都・八代目儀兵衛】