全粥とはどんなお粥?お粥の種類をご紹介!

全粥とはどんなお粥?お粥の種類をご紹介!

「病気や二日酔いのときにはお粥を食べる」という方は多いのではないでしょうか。お粥は白米よりも柔らかく、お米の自然なやさしい甘みにホッとしますよね。

ところで、お粥には種類があることのをご存じでしょうか。

今回はお粥の中でもお米のおいしさを味わいやすい全粥について、お粥の種類とともにご紹介いたします。

■全粥とはどんなお粥?

まずは、全粥とはどのようなお粥なのかについてご紹介いたします。また、ほかのお粥との違いもご紹介いたしますので、お粥に種類があることをご存じなかった方は是非知ってくださいね。

・全粥とは

全粥とは、水とお米の比率を「水5:お米1」にして炊いたお粥のことです。そのため、全粥は別名「五倍粥」とも呼ばれています。

なお、お粥は豆類や芋類などを水で煮る調理方法を指すので、お米でない場合もお粥と呼びます。

・五分粥と全粥の違い

全粥のほかに五分粥と呼ばれるお粥も有名です。

名前だけ聞くと、全粥よりも水分が少ないように思えるかもしれません。

実際はその反対で、五分粥は米1に対して水10で煮ます。

水分が多いのでほぼ流動食のようになり、病人や離乳食として用いられています。

なお、五分粥は米と水の量から「十倍粥」と呼ばれることもあります。

■おいしい全粥を作ろう!

お粥は消化にやさしいので、病気のときだけでなく食べ過ぎたときなどにもおすすめです。こちらでは全粥のレシピと、含まれる栄養素についてご紹介いたします。

・全粥のつくり方

【材料】

お米

塩少々

【作り方】

①米の汚れを落とすように洗い、30分ほどザルにあげる。

②米を土鍋に入れたあと、水を加えて蓋をする。

③強火で炊き、吹く直前で弱火にする。

④蓋をずらして30分から40分ほど煮込む。

⑤火を止め、10分程度蒸らす。

⑥塩を加えて味を整えて完成。

・全粥に含まれる栄養

全粥100gあたりの栄養は下記の通りになっています。

エネルギー…65kcal

水分…83g

タンパク質…2g

脂質…0.1g

炭水化物…15.7g

食物繊維…0.1g

カリウム…12mg

カルシウム…1mg

マグネシウム…3mg

リン…14mg

※うるち米 5倍粥 精白米20g相当量を含む

参考:日本食品標準成分表2020年版(八訂)

お粥にはビタミン類がほぼ含まれていないので、バランスを考えて野菜などを一緒に摂ることをおすすめします。

全粥とはどのようなお粥かお分かりいただけましたでしょうか。お粥は胃にやさしい食べ物なので、体調がすぐれないときはお粥を食べて胃を労わってあげましょう。

お米のギフトサイト ご自宅用のお米通販【京都・八代目儀兵衛】