薄謝

薄謝

最終更新日 2020-11-23
公開日 2020-11-23

薄謝とは少しばかりの謝礼のこと。相手に差し出す謝礼をへりくだっていう言葉です。表書きの基本としては白無地の封筒を使います。

原則として目上の人から目下の人へ送る場合に使うものですが、感謝の気持ちを伝えたい場合や心からのお詫びを表したい場合には使用せず「松の葉」や「御礼」などを使う方が無難でしょう。人によっては目上の人には使わない言葉として認識されている事もありますので場合によって使い分ける事が大切です。

出産内祝いや新築内祝いなどのような親しい人の間で喜びを分かち合うものではなく、何かをしてもらった時の「大げさにならない、ちょっとしたお返し」の意味合いや謝礼の色が強いものとなっています。

お役立ち情報

薄謝とは、結婚披露宴などお祝いごとの際にお世話になった人に対し、お礼として渡すお金、あるいはその熨斗袋の表に書く文字のことを言います。贈答品やお祝い返し、内祝いなどでは使用しません。「寸志」や「薄謝」は、相手に対してへりくだったうえで謝礼をするという意味があり、目上の人間から目下の人間へ感謝の気持ちを込めて謝礼金を渡す際に使われます。これは、日本では謙遜し自らを蔑むことで、相手を立てるという風習があるためです。感謝の気持ちをはっきりと伝えたい場合は、表書きとしてお礼や御礼の文字を使用します。

内祝いやお祝いに。京都のお米ギフト通販。
内祝いやお祝いに。京都のお米ギフト通販。
ミシュラン店御用達。ご自宅用のお米通販。
ミシュラン店御用達。ご自宅用のお米通販。