引き出物に鰹節を添える由来、魅力とは?

引き出物に鰹節を添える由来、魅力とは?

引き出物に選ばれる品のひとつに、鰹節があります。昔から引き出物の定番として知られていますが、その由来を知らない方は多いのではないでしょうか。
ここでは、引き出物に鰹節を添える由来や、鰹節の魅力をご紹介します。

引き出物に鰹節。その由来とは?

鰹節が引き出物に選ばれるようになった由来は、鰹節の形状にあります。
鰹節は、1枚の鰹を3枚に下ろし、この半身をさらに2枚に下ろしたもの。このうち1枚は鰹の背中側の身から作られ、もう1枚は鰹のお腹側の身から作られます。それぞれを“雄節”と“雌節”といい、2枚がピッタリと重なる姿が夫婦のように見えることから、鰹節は「夫婦」を象徴する食材と考えられるようになったのです。

そんな鰹節は、“しきたり品”としても人気があります。しきたり品とはメインの品・引き菓子とあわせて贈る引き出物のひとつ。引き出物は奇数で贈ることがよいといわれており、メインの品・引き菓子・しきたり品の3品をセットとして贈るのが一般的です。地域により品は異なりますが、鰹節や赤飯米、昆布などの縁起物を選ぶ方が多いといえます。

お米との相性ばっちり。鰹節の魅力

昔から引き出物やしきたり品として人気を博してきた鰹節ですが、人気の理由に“実用性の高さ”があげられます。良質なタンパク質やビタミン、ミネラルなどの栄養成分が豊富に含まれているのにくわえ、長期間の保存が可能という点も魅力です。また、非常に軽量で持ち運びが容易なので、結婚式の引き出物に適しているのです。
とはいえ、現在は引き出物の幅も広がり、自由に品選びができるようになりました。オシャレな品や高級品が引き出物に選ばれることも多くなったことから、「鰹節は少し物足りない」「誰しもに喜んでもらえる引き出物にしたい」と考える方もいるのではないでしょうか。 そこで、おすすめの品が“お米”です。

日本人の主食であるお米は、まさに誰からも喜ばれる品のひとつ。人により食の好みはさまざまですが、お米を苦手だと感じる人は限りなく少ないといえます。またお米は、お味噌汁をはじめあらゆる和食に使われる鰹節との相性も抜群。メインの品にお米を、しきたり品に鰹節を選んでもよいかもしれません。

八代目儀兵衛のお米は、五つ星のお米マイスターにより食味・厳選された高級米。極上の美味しさを徹底的に追求することで、甘くて美味しいお米を作り出すことに成功しました。何もかけず、何もつけず単品で召し上がることはもちろん、鰹節のお出汁がきいたお味噌汁と一緒に召し上がるのもおすすめです。

日本人らしい品を贈ってみませんか?
引き出物やしきたり品の定番となっている鰹節。多くの人に選ばれ続けているのには、このような理由があったのです。前述したとおり、お米との相性も抜群によいので、お米とセットで贈ってみてはいかがでしょうか。

引き出物の特集ページを見る

お米のギフトサイト ご自宅用のお米通販【京都・八代目儀兵衛】