結婚祝いにカタログギフトは嬉しくない?失礼にあたる?

結婚祝いにカタログギフトは嬉しくない?失礼にあたる?

最終更新日:2024-04-08

多くの人にとって、慎重に選ぶことになる大切な人への結婚祝い。新たな人生の一歩を踏み出すふたりへの贈りものには、幸せを祝福する心からの想いを込めたギフトを選びたいものです。もっとも、「本当に喜ばれるもの」を選ぶのは難しいことかもしれません。

そんなときに選択肢のひとつとして挙げられるのが、「カタログギフト」です。カタログギフトは受け取った方が自由に選べるという点で、選ぶ側の負担も少なく、受け取った方にも喜ばれる贈りものといえるでしょう。

とはいえ、「結婚祝いにカタログギフトをもらうのは嬉しくない?」「相手に選んでもらうのは失礼ではないか?」といった疑問を持たれる方も多いようです。

ここでは、そんなカタログギフトに関する疑問について見ていきます。また、喜ばれる結婚祝いの選び方について、お米の目利きや精米方法、ブレンド米づくりでセブン‐イレブンのおにぎりの「圧倒的なごはんのおいしさ」を実現した八代目儀兵衛がおすすめする、お米ギフトと併せて詳しくご紹介します。

八代目儀兵衛の結婚祝いの特集ページを見る

セブン-イレブン×京の米老舗 八代目儀兵衛【おにぎり監修記念】

※記事内に記載されている商品の価格は公開日時点のものです。

【記事編集】

京の米老舗 八代目儀兵衛

江戸時代より続く、京都の米屋。風呂敷で包まれた「お米のギフト」やきめ細やかなサービスは、「贈ったら必ず褒められる贈りもの」と評判。慶弔問わず、人生の大切な日や大切な相手への贈りものとして高い評価を受けている。セブン‐イレブンやHITACHI、伊藤園といった大企業ともコラボ実績多数。お米への深い愛情と知識、鍛え上げられた技術やノウハウに、メディア取材・出演も多く、テレビ・雑誌・WEBでの注目度も高い。
【受賞歴】 「楽天EXPO賞」「フォーマルギフト大賞」「OMOTENASHI Selection 2金賞」など多数

結婚祝いにカタログギフトは嬉しくない?

結婚祝いの贈りものは、喜びと感謝の気持ちを伝える大切なきっかけとなります。選択肢のひとつにカタログギフトが挙げられますが、その妥当性に疑問を抱く方も少なくないようです。

そこで以下では、カタログギフトのメリットとデメリットについて詳しくみていきます。

カタログギフトにはどんなメリットがある?

カタログギフトの大きなメリットのひとつは、受け取った方が欲しいものを自由に選べるという点です。結婚後の新婚生活では、生活スタイルが結婚前と大きく変化することもあります。良く知る友人や知人だからといって、これまで通りの趣向に合ったものを贈ることが必ずしも正解とはいえないケースも考えられます。

この点、カタログギフトであれば受け取った方が自身のニーズや好みに合わせて商品やサービスを選ぶことができるので、贈り手としては新しい生活に本当に役立つものを贈ることができます。カタログギフトで選べる商品・サービスは多岐にわたり、例えば家具や家電、グルメ、生活用品、旅行や体験型アクティビティ、美容やファッション、インテリアや各種の小物に至るまで、幅広いカテゴリーから選択できます。

また、カタログギフトは贈る側にとってもメリットの多い選択肢といえます。相手の好みや趣味に詳しくない場合や、選ぶ時間や買いに行くための距離に制約がある場合など、適切なギフトを選ぶことが難しいケースもあります。この点、カタログギフトであれば多くの場合にインターネットで簡単に選ぶことができるので、負担も少なくなります。

こうした理由から、カタログギフトは贈る側にとっても受け取る側にとってもメリットの多いものとなります。

口福と出会う、米沢牛と極上米のカタログギフトの詳細を見る

カタログギフトにはどんなデメリットがある?

メリットの多いカタログギフトですが、どのようなデメリットがあるのでしょうか。

強いて挙げるとすると、「一定の期限内に選んで申し込む必要がある」という制約がデメリットといえるかもしれません。一般的に、カタログには有効期限が設定されています。カタログ内の製品やサービスを受け取るためには、有効期限内に申し込む必要があります。新婚夫婦が多くの方からカタログギフトを受け取った場合、つい選ぶことを後回しにして、有効期限を迎えてしまうというケースも考えられます。

また、カタログギフトは「直接的な感謝の気持ちを伝えることが難しい」と考えられることもあります。贈りものは相手への感謝や祝福を伝える手段のひとつであり、その気持ちが伝わることで大きな意味を持つと考えられていますが、カタログギフトは「冊子」が届くため、贈り主の想いが伝わりにくいという懸念点が挙げられます。こうしたいわゆる「もの足りなさ」が、カタログギフトのデメリットといえるかもしれません。

おしゃれな結婚祝いを贈りたい!贈る相手別に人気のプレゼントも紹介

八代目儀兵衛の結婚祝いの特集ページを見る

結婚祝いのカタログギフトは失礼にあたる?

贈りものとしてひとつの選択肢として挙がるカタログギフト。メリットも多い贈りものではありますが、これまでに見てきたように人によってはその妥当性に疑問を抱くこともあります。「結婚祝いのカタログギフトは失礼なのか?」という問いに対して明確に「失礼」とは言い切れないものの、懸念される方が少なからずいるのであれば、無理にカタログギフトにする必要もないといえるでしょう。

お祝いの気持ちや感謝の想いを伝えるのであれば、贈り主が心を込めて選んだものこそがふさわしい贈りものになるという考え方もあります。相手の好みや関心を熟慮し、直接的に気持ちを伝える方法や特別な想い出をつくれるよう、特別な日を祝福する贈りものを選ぶという観点から考えてみることも大切です。

被らない結婚祝い!ハイセンスでおしゃれなプレゼントを予算別に紹介

八代目儀兵衛の結婚祝いの特集ページを見る

結婚祝いをカタログギフト以外で贈る場合のポイント

カタログギフト以外で結婚祝いを贈る場合、どのような観点から選べばよいでしょうか。以下では、特に押さえておきたいポイントについて見ていきます。

ポイント①:相手の好みや趣味に合わせる

贈りものには、祝いの気持ちや感謝の想いを伝えるという役割があります。この観点から考えると、相手の好みや趣味に合わせることの大切さが分かります。

例えば、相手の趣味が料理であれば、新婚生活に活用できる調理器具などが喜ばれるギフトとして挙げられます。また、ふたりに共通した趣味がある場合には、ふたりに喜んでもらえる趣味に合ったアイテムを選ぶというのも選択肢です。

ポイント②:特別な想い出になるものを選ぶ

結婚は、数多くある人生のイベントの中でも特に大切で、想い出に残るイベントです。そんな結婚式の祝いの贈りものには、特別な想い出を作る機会を贈るというのもひとつの考え方です。形のあるものに限らず、最近では旅行や体験型のギフトなどを贈ることも多くなっているようです。また、ふたりで過ごした時間を形にするために、フォトスタンドなども併せて贈るとよいかもしれません。

ポイント③:手紙やメッセージを添える

祝いごとへの贈りものは、必ずしもその名の通り「物」にこだわる必要はありません。ギフトに加えて、お祝いやこれまでの感謝の気持ちを綴った手紙やメッセージを添えるのもまた、心温まるプレゼントとなります。

手紙やメッセージカードであれば、普段から会っている相手でもなかなか伝えられないようなことを伝えることができるので、これを期に今まで伝えられなかった想いなどを伝えるとよいかもしれません。丁寧に綴られた言葉を贈りものと一緒に渡すことで、忘れられない想い出になります。

結婚祝いにもらって嬉しいものとは?新郎新婦に喜ばれる人気プレゼント

八代目儀兵衛の結婚祝いの特集ページを見る

結婚祝いにおすすめの品物

結婚祝いの贈りもの選びは、新婚夫婦の幸せや喜びを祝うためにも心を込めて行いたいものです。贈りものを通じて、ふたりの新たな人生のスタートを祝福し、支えるという観点から「何を贈るべきか」考えるとよいかもしれません。

以下では、新婚生活の想い出づくりや日々の生活の支援という観点を軸に、これまでに見てきた選び方のポイントを踏まえて、特に喜ばれるおすすめの品物についてご紹介します。

旅行券

「新婚旅行」という言葉があるように、結婚と旅行には切っても切れない関係があるといえます。新婚旅行は、新婚のふたりにとって特別な想い出を作るためのぴったりの機会です。旅行券を贈ることで、ふたりには想い出に残る時間を過ごしてもらうことができます。結婚後に子どもを持つことになるとふたりだけで過ごす時間も少なくなることから、「今しかできないこと」をプレゼントしたいという方にはおすすめです。

旅行先に関しては、リゾート地や文化的な名所、またはふたりの想い出の場所など、ふたりの趣味や好みに合わせて選ぶとよいでしょう。

家庭用品セット

結婚後の生活は、これまでの生活と様々な点で大きく異なることが予想されます。慌ただしさから、必要なものを用意できていないことも考えられるので、こうした「新婚生活に足りないものを贈る」という観点から考えるのも有意義といえるでしょう。

この観点からは、新しい生活に必要な家庭用品などが実用性があり、喜ばれる贈りものとなります。たとえば、キッチン用品や食器セットなどが定番です。素材やデザインにこだわった高品質な器具を選ぶことで、長く愛用されるものとなるでしょう。

お米

お米は、結婚祝いとして特に人気のある贈りものです。日本の文化の中でお米は健康や幸福を象徴し、家庭や生活の基盤とされてきました。お米を贈ることで、「新婚夫婦の豊かな食卓や健康を支援する」という側面もあります。

お米の選び方としては、祝いの場であるということを踏まえて普段は購入しないような高品質なブランド米を選ぶのがおすすめです。風味豊かなお米は、新婚生活の食卓を待ち遠しいものにします。また、新婚のふたりに関わりのある地域や産地の特産品やこだわりの品種を選んで贈ることで、贈り相手にとって特別な意味を持つギフトとなります。お米は長期間の保存も可能であるため、新婚生活で喜ばれる贈りものの代表格ともいえるでしょう。

友だちの結婚祝いにおすすめ!予算5,000円で喜ばれる人気のプレゼント

八代目儀兵衛の結婚祝いの特集ページを見る

結婚祝いに喜ばれる、八代目儀兵衛のお米ギフト

結婚式のような祝いごとの贈りものには、縁起物であるお米がおすすめです。「米」という漢字に含まれる「八」には“末広がりに運が開けていく”という意味があることから、古くから縁起物と考えられています。

以下では、そんな縁起物であるお米を軸に、八代目儀兵衛おすすめのギフトをご紹介します。

八代目儀兵衛の結婚祝いの特集ページを見る

良縁米「恋」(お米3合×2個・お供)【3,300円(税込)】

八代目儀兵衛の良縁米「恋」は、華やかな想いを包んだ、ふたりの幸せを祈る贈りものとしてぴったりのギフトです。金彩友禅で丁寧に包まれたお米が、ふたりの縁を祝います。

甘い香りと弾力のある粒とたおやかさが特徴の殿米と、淡雪のような口どけとやさしく広がる上品な甘みが魅力の姫米の掛け合わせは、お米の奥深い味わいを生み出します。ふたりの人生の門出にふさわしい贈りものとしておすすめです。これからの末永い結びつきを願って、黄金米入りの良縁お守りとおみくじも一緒にお届けします。

内容:良縁米3合×2個(殿、姫)/赤飯米×1個

良縁米「恋」(お米3合×2個・お供)の詳細を見る

はじまりの白「Pure」(お米2合×3個・タオル)【5,500円(税込)】

八代目儀兵衛のはじまりの白「Pure」は、人との絆やご縁の象徴である「糸」で織りなしたタオルと、極上米を詰め合わせたお米ギフトです。八代目儀兵衛自慢のお米は、噛むたびに甘さが広がります。職人の目利きによって選ばれた強い粘りと甘みが凝縮した極上米の「極(きわみ)」と、お弁当やおむすびに最適な「結(むすび)」のセットです。

上質な真っ白なタオルとともに、お世話になった人に想いを届けます。新しい生活が始まるふたりを祝うギフトとして、ぴったりの一品です。

内容:料理米2合×3個(極×1、結×2)/約45×90cm(ミニバスタオルサイズ)

はじまりの白「Pure」(お米2合×3個・タオル)の詳細を見る

厳選ブランド米「ちりめん巾着入り3合5個セット」【11,000円(税込)】

八代目儀兵衛の厳選ブランド米「ちりめん巾着入り3合5個セット」は、絶品銘米に京のみやびを添えた絶品銘米5種の豪華な詰め合わせギフトです。

熟練の職人の手仕事によって作られた華麗な京ちりめんの巾着袋は、芸術品とも呼べる格別な装い。古都の趣を感じさせる特別感で彩られたお米は、結婚という大きな節目の贈りものとして自信を持ってお届けできます。

国内でも名高い銘米に、八代目儀兵衛が誇るお米マイスターがさらなる目利きを重ねた「本当においしい銘米だけ」を選び抜いた究極の銘米。お米の個性を存分にお愉しみいただける自慢の逸品です。

内容:厳選ブランド米3合×4個(いちほまれ、夢ごこち、コシヒカリ、ゆめぴりか)、祇園料亭米3合×1個(翁霞)

厳選ブランド米「ちりめん巾着入り3合5個セット」の詳細を見る

八代目儀兵衛の結婚祝いの特集ページを見る

結婚祝い選びは、八代目儀兵衛にお任せ

人生の大舞台のひとつである結婚式。カタログギフトは贈る側にも受け取る側にも魅力のある贈りものですが、「相手に本当に喜んでもらえるのか」「失礼ではないのか」といった観点から懸念を持たれる方もいるかもしれません。

そんな方には、祝いごとの場にもぴったりの贈りものとして、お米のギフトがおすすめです。八代目儀兵衛では、結婚祝いにぴったりの贈りものを豊富にご用意しています。熨斗(のし)や包装の選び方などに関するご相談も承っていますので、結婚祝い選びでお悩みの方はお気軽に八代目儀兵衛にご相談ください。

LINEでのご質問・お問い合わせはこちら

八代目儀兵衛の結婚祝いの特集ページを見る

高品質で美味しい業務用米・お米の卸・仕入れの通販
高品質で美味しい業務用米・お米の卸・仕入れの通販
内祝いやお祝いに。京都のお米ギフト通販。
内祝いやお祝いに。京都のお米ギフト通販。
ミシュラン店御用達。ご自宅用のお米通販。
ミシュラン店御用達。ご自宅用のお米通販。