お祝いやお返しに、お米のカタログギフトは喜ばれる?マナーについてもご紹介

お祝いやお返しに、お米のカタログギフトは喜ばれる?マナーについてもご紹介

最終更新日:2024-06-21

お祝いやお返しなど、気持ちを伝える「贈りもの選び」で迷ってしまうことも多いかもしれません。この点、カタログギフトは贈りものの選択肢のひとつとして挙げられる、代表格のひとつとなっています。

お世話になっている友人や知人、または恩師や親族への贈りものとして選ばれるカタログギフト。とはいえ、贈ることに関して少なからず不安や疑問があるという方もいるようです。そこでここでは、お祝いやお返しのシーンで選ばれるカタログギフトについて、人気の秘密や選び方、さらには覚えておくべきマナーなどについてみていきます。また、お米業界の常識を覆す「お米の目利き」「精米方法」「ブレンド米づくり」でセブン‐イレブンのおにぎりの監修を通じて「圧倒的なごはんのおいしさ」を実現した、八代目儀兵衛がおすすめするお米のカタログギフトも併せてご紹介します。

セブン-イレブン×京の米老舗 八代目儀兵衛【おにぎり監修記念】

口福と出会う儀兵衛のお米とお肉のカタログギフト特集ページを見る

※記事内に記載されている商品の価格は公開日時点のものです。

【記事編集】

京の米老舗 八代目儀兵衛

江戸時代より続く、京都の米屋。風呂敷で包まれた「お米のギフト」やきめ細やかなサービスは、「贈ったら必ず褒められる贈りもの」と評判。慶弔問わず、人生の大切な日や大切な相手への贈りものとして高い評価を受けている。セブン‐イレブンやHITACHI、伊藤園といった大企業ともコラボ実績多数。お米への深い愛情と知識、鍛え上げられた技術やノウハウに、メディア取材・出演も多く、テレビ・雑誌・WEBでの注目度も高い。
【受賞歴】「楽天EXPO賞」「フォーマルギフト大賞」「OMOTENASHI Selection 2金賞」など多数

カタログギフトのお米をお祝いやお返しに贈っても問題ない?

お祝いやお返しで多くの方に選ばれるカタログギフトですが、贈ることに少なからず抵抗があるという方もいるようです。その理由としては、「贈りもの選びに手間をかけるのが嫌だったのではないか?と誤解されるかもしれない」や「カタログの中に相手がほしいものがないかもしれない」といった心配があることが挙げられます。

もっとも、こうした不安や疑問は「相手に喜ばれるカタログギフト」を選ぶことで払拭することができます。大切なのは「相手が喜ぶ」つまりは「相手にとって必要なものを届ける」という観点であるため、こうした要件を満たすのであれば、どのような贈りものでもそれが「正解」といえるでしょう。

なお、一般的には「カタログギフト」と一口にいっても多種多様です。たとえば、洋菓子や和菓子などのスイーツ系をはじめ、和・洋・中などをテーマとしたグルメギフトや果物・野菜、また、ジュースやアルコール類、飲食系以外であればまたはインテリアアイテム・アクセサリー、さらには衣類、小物、その他の生活用品など、幅広いカテゴリーが取り揃えられているのが特徴です。他にも、お米のカタログギフトなどもいろいろな理由から多くの人に選ばれ、喜ばれる贈りものとなっています。

口福と出会う儀兵衛のお米とお肉のカタログギフト特集ページを見る

お米のカタログギフトが喜ばれる理由

数多くあるカタログギフトの中でも人気のあるお米のカタログギフト。多くの方に選ばれる主な理由としては、「主食」「消えもの」「縁起物」といった点が挙げられます。

喜ばれる理由①:主食

お米のカタログギフトが喜ばれる理由のひとつとして挙げられるのは、お米が多くの方にとっての主食であるという点です。お米は毎日の生活に欠かせないものであり、誰もが購入する必要のあるものだからこそ、まさに「もらって嬉しい、喜ばれる贈りもの」となっています。

口福と出会う儀兵衛のお米とお肉のカタログギフト特集ページを見る

喜ばれる理由②:消えもの

お祝いやお返しを選ぶ上で押さえておくべきマナーのひとつとして、「消えもの」であるという点が挙げられます。「消えもの」とは消費することによって無くなるものを指し、主に食べものや飲みもの、または消耗品などです。この点、お米は食べることで無くなる「消えもの」であることから、長期間にわたって場所をとることなく、後に残らないので喜ばれる贈りものとなっています。

喜ばれる理由③:縁起物

お米が喜ばれる理由として、これまでにみてきた以外にもお米が「縁起物」であることが挙げられます。お米という漢字には末広がりである「八」の漢字を含んでいることから、昔から縁起物であると考えられています。そのため、お祝いやお返しにお米を贈る際にその旨を伝えることで、相手に喜ばれる贈りものとなります。

カタログギフトのお米選びのポイント

喜ばれるカタログギフトとしてお米をテーマに選ぶ場合、よりいっそう喜ばれるために押さえておきたいポイントがあります。

選ぶ際のポイント①:併せて贈るものを基準に選ぶ

「お米のカタログギフト」を選ぶ上で、数多くのカタログギフトがある中で何を基準に選べば良いかで迷ってしまうかもしれません。喜ばれるひとつのポイントとして、「どのような楽しみがあるか」という点を基準に考える点が挙げられます。

たとえば、お米だけでなく、お米を楽しむためにセットでおかず(主菜)やお供などを贈ることで、食卓をいっそう彩ることができます。すなわち、「お米+α」という観点から選ぶのがひとつのポイントです。

選ぶ際のポイント②:相手が受け取ったときの嬉しさを想像して選ぶ

もうひとつの選ぶ際のポイントとして、「贈りものの梱包や包装、外観などのデザインにこだわる」といった点が挙げられます。カタログギフトに限らず、贈りものはその外観によって受け取った相手が抱く印象が大きく異なります。お米の場合は和食のイメージが強いことから、厳かで落ち着いた色合いの、和風のデザインなどが喜ばれるかもしれません。

こうした「中身以外の部分での工夫」により、いっそう喜ばれる贈りものとなります。

口福と出会う儀兵衛のカタログギフトの特集ページを見る

お米のカタログギフトが最適なお祝い・内祝い

お米のカタログギフトは、「主食」であり「消えもの」であり「縁起物」であることから、さまざまなお祝い事やお返しに贈ることができます。具体的なシーンの例としては、以下のようなイベントが挙げられます。

結婚祝い(内祝い)

結婚は、長い人生の中でも特に大きな節目となるおめでたいイベントです。そんな大きな節目に、縁起物であるお米のギフトはぴったりの贈りものです。お米は夫婦そろった「新しい生活」に欠かせない食材であることから、喜んでもらえる贈りものの代表格といえるでしょう。

出産祝い(内祝い)

出産は、結婚した夫婦の間に新しい家族が増える、結婚に次ぐ人生での大きなイベントのひとつです。縁起物であるお米はお祝いや内祝いの贈りものにふさわしく、母子の健康を祝った贈りものとしても喜ばれるギフトになります。

新築祝い(内祝い)

「人生で最も大きな買いもの」ともいわれる新居の購入は、これまでとは異なる新しい生活空間での暮らしの始まりです。新しい食卓を囲むことから、お米はそれらを彩る嬉しい贈りものとなります。料理に欠かせない他の食材や食器、調理器具なども併せて贈るとよいかもしれません。

入学祝い(内祝い)

子どもの入学は、すくすくと健全に育ったことの証です。そんな入学の祝いとして贈るお米は、これからの成長を願った贈りものとしてもぴったりです。親子そろって楽しむことができるという点でも、まさにもらって嬉しいギフトといえるでしょう。

このように、お米のカタログギフトはさまざまなお祝い事やお返しとして幅広く贈れるというのが魅力です。「主食」「消えもの」「縁起物」を兼ね備えた贈りものとして、老若男女を問わず多くの方に選ばれ、多くの方に喜ばれています。

口福と出会う儀兵衛のお米とお肉のカタログギフト特集ページを見る

お祝いや内祝いに喜ばれる、八代目儀兵衛のお米のカタログギフト

お祝いや内祝いにお米のカタログギフトをお考えの方におすすめなのが、八代目儀兵衛のカタログギフトです。以下では、八代目儀兵衛が自信を持ってお届けするお米のカタログギフトをご紹介します。

口福と出会う儀兵衛のお米とお肉のカタログギフト特集ページを見る

儀兵衛のカタログギフト「銘店米と選べる米沢牛A」(お米2合×12個・選べるカタログ)【21,000円(税込)】

八代目儀兵衛のお米のカタログギフト「銘店米と選べる米沢牛A」は、経験豊富なお米マイスターが選び抜いたお米である「銘店米」に、すき焼きや焼肉用など3品から選べる米沢牛(カタログギフト)をセットにしたギフトです。星付きの日本料理店御用達の最高級米を米沢牛とともに味わう贅沢なギフトセットとして、お祝いやお返しにぴったりにおすすめです。

商品内容:銘店米2合×12個(祇園 さゝ木×4、祇園 にしかわ×4、杦 SEN×4)/選べる米沢牛カタログA×1

儀兵衛のカタログギフト「銘店米と選べる米沢牛A」(お米2合×12個・選べるカタログ)の詳細を見る

儀兵衛のカタログギフト「銘店米と選べる米沢牛B」(お米2合×12個・選べるカタログ)【30,000円(税込)】

八代目儀兵衛のお米のカタログギフト「銘店米と選べる米沢牛B」は、お米職人が選び抜いた最高級米である「銘店米」に、すき焼きや焼肉用など5品から選べる米沢牛(カタログギフト)を併せたギフトです。職人の「何よりもおいしい牛肉を提供したい」という想いをもとに、格付けに妥協せずにこだわりぬいたその味は、お祝いやお返しに最適な贈りもの。創業100年の歴史を持つ、上質な米沢牛のみを扱うカタログギフトとして、八代目儀兵衛が自信を持ってお届けします。すき焼き用や焼き肉用など、お好みに合わせてお好きな米沢牛を、お好きなタイミングでお取り寄せいただけます。

商品内容:銘店米2合×12個(祇園 さゝ木×4、祇園 にしかわ×4、杦 SEN×4)/選べる米沢牛カタログB×1

儀兵衛のカタログギフト「銘店米と選べる米沢牛B」(お米2合×12個・選べるカタログ)の詳細を見る

お祝いやお返しのカタログギフトを贈る上で押さえておくべき基本マナー

喜ばれるギフトとして人気のカタログギフト。選ぶ上で押さえておきたいマナーがいくつかあります。

金額の相場

カタログギフトを選ぶ上で迷うことも多いのが、金額の相場です。一般的に、結婚や出産、新築祝いや入学祝いなどの相場は30,000円~100,000円ほどといわれています。また、お返しの場合はいただいた金額の半額~1/3程度とされていることから、金額でいえば10,000円~50,000円ほどです。

相場からあまりにも離れすぎるとマナー違反と受け取られる可能性があるため、特別な理由が無い場合は上記の相場の範囲内で選ぶようにするとよいでしょう。

熨斗(のし)と水引

お祝いやお返しなどでは、それぞれの出来事に合った適切な熨斗と水引を選ぶのがマナーです。たとえば結婚のように「一度きりにしたい(=離婚がないことを願う)」という想いが込められる場合には、二度と解けない(解きにくい)「結び切り」の水引が選ばれます。これに対して、出産のように「何度も起きてほしい」という想いが込められる場合には、いつでも何度でも解いて結ぶことができる「蝶結び」の水引が選ばれます。

「蝶結び」と「結び切り」は選び間違えると正反対の意味になるため、注意が必要です。

贈るタイミング

お祝いやお返しを贈る上で気を付けたいのが、贈る(届ける)タイミングです。たとえば結婚祝いの場合は式の1週間前までに、新築祝いであれば入居後の1~2ヶ月、出産祝いであれば生後1ヶ月、入学祝いであれば入学の2週間前など、それぞれにおおよそのタイミングがあることから、それらに合わせて贈ることが大切です。

早すぎる場合や遅すぎる場合はマナー違反と捉えられることもあるので、適切なタイミングで贈ることが大切です。

口福と出会う儀兵衛のカタログギフトの特集ページを見る

お米のカタログギフトなら、八代目儀兵衛におまかせください

お祝いやお返しの際に選ばれるカタログギフト。結婚や出産、新築祝いや入学祝いなど、さまざまなライフイベントで贈れるのが大きな魅力のひとつです。

八代目儀兵衛では、お祝いやお返しにぴったりの、自慢のお米のカタログギフトをご用意しています。迷ってしまいがちな熨斗(のし)をはじめ、包装・梱包のオプションもお選びいただけるので、これまでにカタログギフトを贈ったことの無い方でも安心です。お祝いやお返しにカタログギフトをお考えの方は、ぜひ八代目儀兵衛にご相談ください。

LINEでのご質問・お問い合わせはこちら

口福と出会う儀兵衛のカタログギフトの特集ページを見る

セブン-イレブンのおにぎり ご飯監修記念
セブン-イレブンのおにぎり ご飯監修記念
高品質で美味しい業務用米・お米の卸・仕入れの通販
高品質で美味しい業務用米・お米の卸・仕入れの通販
内祝いやお祝いに。京都のお米ギフト通販。
内祝いやお祝いに。京都のお米ギフト通販。
ミシュラン店御用達の高級米。ご自宅用の美味しいお米通販。
ミシュラン店御用達の高級米。ご自宅用の美味しいお米通販。