香典返し

香典返し

香典返し

香典返し

香典返し ご注文の流れ

1日程をご確認ください

お香典返し(返礼)を贈る日を確認しましょう。
法要などの該当日から、2週間~1か月以内に贈るのが一般的です。

2品物を選びます

いただいたお香典からお届け先と予算を確認し、品物を決めます。
直接送付か、手渡しかも合わせて整理しましょう。

3掛け紙を選びます

掛け紙のマナーを確認し、お選びください。
弔事には熨斗のない「掛け紙」を使用します。宗教や地域、慣習によって水引きや表書きが異なるため、事前に確認しておくと安心です。
・宗教 
・水引の種類 
・表書きの例 
・文字の墨色 
・署名

4装丁もしっかり確認

お香典返しに用いる包装紙は、派手な色合いは避けましょう。当店の「偲シリーズ」は、弔事・法事に最適な【全包装・外掛け】にてご用意しています。
また、手渡しされる方には、有料の手提げ袋や外包み風呂敷のご利用もおすすめです。

5挨拶状を選びます

お届け先に直接品物を送る場合には、挨拶状を添えましょう。手渡しされる場合は不要です。
当店では3タイプご用意しています。どうぞお役立てください。
・一筆箋(無料) 
・挨拶状カード(無料) 
・挨拶状奉書紙(有料)

はじめてでも安心

「香典返しのしおり」
差し上げます

香典返しを価格で選ぶ

香典返しは、お香典の半額から3分の1が相場。いただいたお香典やご予算に合わせて、お返しの贈りものをお選びください。

サービス

ギフトサービス 故人の人生に関わっていただいた方々に、心からの感謝の気持ちをお返しする香典返し。想いがより伝わるギフトサービスを、ぜひご利用ください。

LINEサービス(無料)

@八代目儀兵衛

香典返しのこと、
マナーのこと、商品のこと。
気になった時にすぐ聞ける、
LINEアカウントもございます。
経験豊富なスタッフが、皆さまの贈りもの選びに寄り添います。
ぜひ、お気軽にお声がけください。

香典返しのギフトマナー

はじめてでも安心。ギフトマナーのご紹介

ギフトマナー

仏式では四十九日、神式では五十日祭の忌明けを迎えた頃に挨拶状に添えて香典返しを贈るのがマナーです。キリスト教では、元々香典返しの習慣はありませんでしたが、最近では仏式や神式にならって、死後1ヶ月後の昇天記念日に記念の品物を贈るのが一般的になっています。香典返しでは「不祝儀を後に残さない」という意味から、お茶やお米・のりなどの「消え物」が喜ばれる傾向に。熨斗や表書きは、宗教に合わせたものを選びましょう。

弔事マナーもお任せください

当店は、「グランディメモリー代表 木野島光美様」より、弔事・法事におけるマナーの研修を実施いただいており、 お客様への細やかなご案内についても、定期的に専門家の視点からの監修を受けております。

グランディメモリー様

木野島光美 様 プロフィール
株式会社グランディメモリー代表取締役。日本冠婚葬祭司会・アテンダント検定協会 代表理事。東京観光専門学校サービス学科非常勤講師。
冠婚葬祭における人財サポート実績は45,000件以上。自社・他社研修含め累計20,000人以上の女性サービススタッフの育成に携わる。
政治家や芸能人、スポーツ選手などをはじめとする著名人の大規模式典でのサポート実績を多数持つ。

1件~ 40 件(全41件)

価格別

目的別

ご注文について

ショッピングガイド

価格帯で選ぶ
贈る目的で選ぶ
シリーズから選ぶ
人気ランキングで選ぶ
即日発送商品から選ぶ